トップ株 入門チャートに強くなろうチャートに強くなろう(テクニカル編・応用編)第10回 テクニカル編 5 RSIの使い方

第10回 テクニカル編 5 RSIの使い方

ある一定期間の相場について売られすぎ、買われすぎといった相場の過熱性を計るテクニカル指標RSIとその使い方について学びましょう。

RSIは過熱性を計る指標の一つ

テクニカル指標の利用の仕方として、料理の仕方だけ知っていればよいのですが、何を表している指標なのかを知ることで、よりチャートの理解が深まります。

RSIとはRelative Strength index といい、「相対的に今の相場は強弱どちらに傾いているのか?」を表した指標です。

相場の転換期には“買い”、“売り”が一方向に強弱が偏りやすいことから、それを見抜くことで相場の転換を図ることができるという考え方の元に「W・ワイルダー」が作成した指標です。

RSIは主に一定期間(よく使われるのは14日)の上昇した日の値幅がどのくらいあるか、ということを計算で表したものです。
たとえば14日のRSIが80ならば、14日で見た上昇した日の値幅の合計と下落した日の値幅の合計の比率が8:2になっていることを表します。

一般的に良く使われる例としてはRSIが25〜20を割り込んで転換すると買いサイン、70〜80を上抜いて転換すると売りサインと言われています。

オーソドックスな転換例

RSIを使う際の注意点

過熱性を計るテクニカル指標にはよくあることですが、あまりにも相場が一方に行き過ぎてしまうと、RSIはメーターを振り切ってしまい、RSIが100、または0といったように底や天井圏に留まったまま動かなくなってしまい、指標として機能しなくなることがあります。

これは相場の過熱性を計るオシレーター系指標に分類されるテクニカル指標にはよくある欠点であり、RSIは主に保ちあいや緩やかな上昇、下落相場で最も威力を発揮する代わりに持つ欠点になります。

オーソドックスなダマシ例

そこでRSIを使用する際には他のテクニカル指標を参考にしたり、相場の行き先が見える移動平均線などトレンドを表すことが得意な指標を併用して表示してみて「押し目」や「戻し目」を狙う際には有効になります。

お互いの欠点を補う使用例

よく底値や天井圏で見られるパターン

相場が安値圏や高値圏に近づいてくると、新規での買いや売り、手仕舞いなどさまざまな思惑が交錯し始めます。 そうなると自然と値動きの幅が大きくなってくることになります。

このような値上がり幅、値下がり幅はRSIを計算する元の数字となりますので、自然とRSIの数字も大きく変化することなり、

株価は安値を更新しているのに、RSIは底を切り上げていたり、
株価は高値を更新しているのに、RSIは高値を更新できなかったり、

という不思議な現象が起こる場合があります。

天井圏、底値圏でのパターン

これは逆行現象とよばれており、この後の相場の転換を示唆するものとしてよく知られていますので、見つけたら注意してみてみましょう。

その後の相場はどうなったか?

急激な変化は修正される経験則を読む (応用編)

これまでに一般的な使用法を説明しましたが、RSIは期間によって、トレンドを形成して株価が動く際に大雑把に動く範囲がたいてい決まってきます。

オーソドックスなレンジ形成例

新ケンミレの銘柄探しソフトの一つ、“最適指標銘柄探し”では、その銘柄が過去下げ止まったRSIの水準を毎週最適値になるように計算しており、その日の株価から計算してRSIで見ると過去下げ止まった水準になっていた場合、最適指標シグナルのRSIのマークが点灯することによって、その銘柄の反転上昇に転じるタイミングにきたことがわかります。
是非注目してみてください。

新ケンミレでの表示例

【ポイント】
  • RSIは指標が25〜20を割り込んで転換すると買いサイン、70〜80を上抜いて転換すると売りサイン。
  • RSIは一方向に突き進み続ける相場は苦手。
  • ■株価の一つの区切りの往来の中で、RSIも一定の範囲の往来で推移していることが多い。

チャートに強くなろう

第1回 基礎編 1 ローソク足の見方
チャートとは株価の動きをグラフ化したものですが、日本で使われている最もポピュラーなチャートが"ローソク足"です。
第2回 基礎編 2 ローソク足で見る相場のサイン
特に長い下ヒゲ、長い上ヒゲが出たときのチャートや、「保ち合い」(株価が上昇した後や下落した後に動かなくなること)相場時の投資家心理を解説していきます。
第3回 基礎編 3 「株価」と「出来高」の関係
株式投資をしているほとんどの人たちは利益を出していないと言われています。利益を出せない第1の理由は、恐らく株価チャートを見ないで株を買っているからでしょう。株式投資で儲けるためには、いかにチャートが大事なのかを、学んでいきましょう。
第4回 基礎編 4 ダブル底(天井)と三尊底(天井)とは?
株式のトレンド転換を判断するパターンはいくつかありますが、チャートの形から判断する時の代表的な見方である「ダブル底(天井)」と「三尊底(天井)」について解説いたします。
第5回 基礎編 5 三角保ち合いの使い方
株価の振幅が煮詰まった三角形のチャートの形から、大きく動く方向が読める保ち合いの形を学びます。
第6回 テクニカル編1 「移動平均線」の使い方
「チャートを見る時に、まず移動平均線をチェックする」という人も少なくありません。 多くの投資家にとって「移動平均線」は大変ポピュラーな指標であり、また利用価値が高いものです。
第7回 テクニカル編 2 移動平均乖離率の使い方
株価の移動平均線を使ったテクニカル分析として現在広く一般に多用されている、「移動平均乖離(かいり)率」の使い方について解説します。
第8回 テクニカル編 3 ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方
長期と短期の2本の「移動平均線」を使って株価の上昇・下落の転換点を予測する方法についてご紹介します。
第9回 テクニカル編 4 RCIの使い方
RCIは、相場の過熱感を測り、現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。 その使い方について解説いたします。
第10回 テクニカル編 5 RSIの使い方
ご存知の通り株価をチャートにすると、数年単位の長期波動、1年間に2・3回起こる中期波動、数ヶ月間に何度も上下動を繰り返す短期波動の3つに分けることができます。参考までに、「3.往来相場の形」では長期波動、「1.過去の安値・高値まで株価が上昇・下落した時」では中期波動のチャートをご確認いただけます。
第11回 テクニカル編 6 ストキャスティクスの使い方
今回は「ストキャスティクス」について解説します。「ストキャスティクス」は現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。
第12回 テクニカル編 7 MACDの使い方
「MACD」は平滑移動平均(もしくは指数移動平均)を使って、分析を発展させたテクニカル指標です。「MACD」によって相場のトレンドを判断でき、同時に売りタイミングと買いタイミングを計ることが出来ます。
第13回 テクニカル編 8 一目均衡表の見方
「一目均衡表」は時間的な概念に注目して作られた指標です。 特徴としては、トレンドの方向性や転換点を株価だけではなく日柄からも探り出そうとしていることで、他のテクニカル指標ではあまり使われない「9日」や「26日」といった計算日数が使われていることです。
第14回 テクニカル編9 ボリュームレシオの使い方
ボリュームレシオは、出来高に着目して現在の株価が割安か割高かを判定するテクニカル指標の一つです。
第15回 テクニカル編 10 サイコロジカルラインの使い方
サイコロジカルラインの「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味です。つまりこのテクニカル指標は投資家の心理を数値化し、売買のタイミングに役立てようという考えから生まれたテクニカル指標です。
第16回 テクニカル編 11 ポイントアンドフィギュアチャートの使い方
チャート表示方法としての一つでポイントアンドフィギュアというものがあります。時間を横軸に取らず値動きのみを基準としたチャートの見方とその使い方を解説します。
第17回 応用編 1 波動ラインの使い方
株価の上昇下落の傾向について一目で把握する事ができる、波動ラインをご紹介したいと思いますが、その前に「そもそも波動って何?」といったところからご説明したいと思います。
第18回 応用編 2 抵抗ラインの使い方
今回は「抵抗ライン」について説明します。「抵抗ライン」とは株価の動きが止まったポイントを結んだラインで、投資家が売買タイミングを知る上で必要なデータです。この精度を高めれば高めるほど「勝つ確率」が上昇します。
第19回 応用編 3 価格帯別出来高の使い方
「価格帯別出来高」とは、過去に売買された株数を価格帯別に集計したもので、一般的に株価チャートの右に横棒のグラフで表示されています。株価の上値が抑えられる「抵抗ライン」を見つけるのに有効なので覚えておきましょう。
第20回 応用編 4 押し目・戻し目ラインの使い方
プロの投資家がもっともよく使う買いタイミングの指標は『移動平均線』と『押し目ライン』です。この押し目ラインの活用法について見ていきましょう。

※ 新ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。新ケンミレ会員サービスについて詳しく知りたい方はこちら