トップ新ケンミレ・アイ

新ケンミレ・アイ

≫バックナンバーを見る

2021/10/16 04:47

6 pt すごくいいねいいね

★ドル円、114円台、日米株式市場は高値圏で推移

世界の金融市場は「値上げに向けてカウントダウンに入った」が、その中で日本だけは金利上昇を忘れていすることからの金利差で、為替市場は円安が進んでいます。

目先の米国株式市場の上昇は、小売売上高が予想外の増加で、9月は小売売上高の13カテゴリーのうち11が増加。スポーツ・趣味用品店の売上高は3.7%増。総合小売店では2%増えた。

また、中国人民銀行は中国恒大集団について沈黙をついに破り、同社が金融システムに及ぼすリスクは「制御可能」で影響が拡大する可能性は低いとの見解を明らかにした。
目先の材料による上昇なので、トレンドが変換したわけではない。その証拠に日米の株式市場は高値を更新していない。高値圏での推移。

中国恒大について、「事業を正しく運営し市場環境の変化の中で慎重に営業することを近年怠ってきた」と指摘した。3000億ドルを超える負債を抱える恒大が、「やみくもに拡大し経営を多角化した」とも批判した。

中国は中央銀行は不動産会社とその利害関係者に対し、債務を履行するよう促していると述べ、不動産会社のドル建て債が値下がりしているのはデフォルトに対する自然な反応だとも語った。

また、当局は中国恒大の建設プロジェクトが再開されるための金融支援が確実に提供されるようにすると述べた。同社の急拡大が「財務指標の大幅な悪化につながり、最終的にリスクが暴発した」と語った。

中国中央銀行が恒大に対して金融支援が確実に行われるようになるとの発言を評価しているが、実際に救済するという言質は与えていない。つまり、リップサービスで支援と同じように効果を狙っている段階であり、FRBのリーマン救済の時も「救済する」という流れの中、突然突き放して倒産させた経験は恒大にとっては+に作用すると思われます。

習近平が大金持ちから中流社重視に変えた事が懸念材料であり、習近平がFRBと同じミスをするのかつ、しないのかを世界の株式市場は注目していると思います。


2021/10/14 19:36

24 pt すごくいいねいいね

★中国の不動産バブルの終着点は

2021年の中国の一人当たり資産額は170万円、1990年の日本の一人当たりの資産ずくは800万円で、中国に不動産バブルが発生した時の不況抵抗力は日本の4.7分の1で、中国の不況対抗力は非常に弱いといえます。

2022年の中国の経済成長率は8%も2022年は5.6%と言われています。そしいて中国梨乃経済成長率が4%割り込むと経済は一気に失速すると言われています。

何度も申し上げていますが、トランプ大統領と安倍総理の時代と今では「株式市場を取り巻く環境が一変している」といえます。

◆世界では利上げを予想して金利が上昇していますが、その中で日本だけは全く上昇していません。つまり、来年にも始まると言われている利上げが起こった時に、殆どの国は事前に市場が挙げていますので緩衝力は出来ていますが、日本だけは一切利上げに対して市場が反応していませんので、利上げが世界中で始まった時には、日本の株式市場だけが利上げダメージを受けることになります。


2021/10/11 11:26

48 pt すごくいいねいいね

★日経平均株価、一時500円以上の上昇、この根拠は
上海や香港の株価指数の上昇から日本でも朝方から幅広い銘柄に買いが入って上昇、この上昇を見て信用の売り方が損失覚悟の買い戻しを行ったことから日本市場が上昇したというコメントが出ています。

また「中国が電力不足の解消に向けて動き始めたことで、供給網混乱による生産抑制への懸念が和らぐとの見方が出てきた」との見方も出ていました。

つまり、相場のトレンドが変ったのではなく、大幅高した理由が分からないので、無難なコメントをだした、つまり、根本的な悪材料が解消した訳ではないので、よく分からない上昇という結論になります。


2021/10/06 2回目 19:52

38 pt すごくいいねいいね

★★転換点投資がカウントダウンに入りそう★★

2000年にインフラから投資ソフト、社内システムの三つの開発を始めたことで、システムが陳腐化していました。そこで東証一部のシステム業務移築会社に3月からsystem構築を依頼しましたが、5月末になっても「成果物がゼロ」で、各種の個別開発案件も一つも出来なかったことで、その会社との契約は解約しました。

成果物ゼロでも3ケ月1000万弱の請求を受けてします。次に3社と交渉しましたが、いずれもインフラとアプリケーションが出来るSEを抱えている会社がないことから、人材紹介会社や媒体による人材募集に切り替え、10月より1名が入社しましたので、今後は徐々にシステム部が正常化してくると思います。

◆お知らせ
1名がまだ入院中なので、動いているのはSEは10月に入社した1名だけです。そこに老朽化したシステムが次々とバグを起こしていて、通常の業務に手を付ける事も出来ません。

その為、後回しになるタスクが増えています。その為、現時点で投資に影響が少ない改善につきましては「後回し」にさせていただきます。

◆◆具体的には、株式分割や海外株価指数の更新は、通常の開始夕が終わるまで停止させていただきますので、ご了承ください。◆◆


2021/10/06 1回目 08:15

54 pt すごくいいねいいね

★昨日の米国株式市場
米国の株式市場は非製造業の経済指標が市場の予想を上回り、景気の先行きへの警戒感が和らいだことなどから、前日に値下がりした銘柄を中心に買い戻す動きが出て、ダウ平均株価は一時、前日に比べて400ドルを超える値上がりとなりました。

今回の急落の最大の原因は恒大集団であり、米国のインフレ懸念と金利上昇であり、ドイツの混乱でした。つまり、急落の原因は解決されておらず、急落のリバウンドが起こったことが上昇の原因でした。

元々27000円に近付けば一度はリバウンドの可能性が高く、今回は27400円台まで下落したことや米国の経済指標が良かった事、但し景気指標が良かったことによる相場変動は一日限りの影響で終わる可能性が高いことから、中国や米国や欧州の問題、更に北朝鮮と台湾の問題もあるので、今後の展開はまだ安心できないリバウンドかもしれません。

◆日経平均株価のチャートに「価格帯別出来高分布」を表示すると、27000円から24000円の間の出来高がほとんど出来て居ないことが分かります。つまり、27000円を割り込んだ時に悪材料が出ますと下げが止まらなくなります。

日銀のPLOは何も材料が無ければ利きますが、材料がある時には止まらないので、この真空地帯があることは頭の隅に常におくべきだと思います。


2021/10/05 2回目 21:20

14 pt すごくいいねいいね

会員サイトに入れない兼、解決しました。

今、新しく入ったSEと今までいたSEの二人が「今のシステムを一から直していっています」が、ある程度は時間が゜かかると思います。
それでも10月から入ったSEと一緒になって、トラブルはすべて回復させています。

10月から入って3回目ですので、相当ばてているようです。、なにしろ、古くからいるEがコロナで入院していて、少し仕事をしても酸素吸入をしなければ話せなくなる状況であり、38年間の経営者生活で経験したことがないのですが、すべてが終われば安心できるシステムになると思って、今は心臓に悪いのですが、耐えています。

みなさんも、もう少しの時間、我慢してください。


2021/10/05 1回目 09:37

27 pt すごくいいねいいね

9月15日の日経平均は30795円、10月5日の8時30分の日経平均は27880円ですから、9月が9営業日、10月が2営業日の合計11営業日で、つまり半月で日経平均は2915円下落しました。

直近では6営業日で2327円下落しています。

日経平均が27000円を割り込みますと、24000円までが真空地帯で売り方の買い戻しも期待できないので、日経平均は急落する危険性があります。

24000円まで下落しますと、いよいよ「どこで止まるのか」を探すための正念場になります。2020年の3月の転換点以来の転換点が久留米可能性が出てきましたので、今回の転換点は見逃せないといえます。

直近のシナリオは二つあります。
一つは27000円まで下落したところでリバウンド相場が起こって一旦上昇することです。このシナリオは昨日のセミナーで申し上げていますが、このシナリオになったとしても「戻りが終われば再び27000円に向けた動きが始まりますが、二回目は27000円で止まらずに本格調整になる可能性が高くなります。

この場合は24000円まで一気に下落する可能性があり、24000円まで下がった時の投資戦術が重要になります。

★24000円まで下がったときの先物投資と株式投資の投資戦術は   次回へ


2021/10/02 3回目 19:33

13 pt すごくいいねいいね

★株価データ更新の件★お待たせしました★
データ更新が止まった件に来まして、10月1日によりNRIからの株価データの送信様式が正数の株価での送信から小数点以下まで表示する送信方法に変更になりました。

そのため、プログラムのバグが起こってデータ更新手続きが出来なくなっていました。先実、NRIにも電話で問い合わせたのですが、10月1日から送信様式が変った事を言ってくれなかったために、昨日と本日の2日間、どこが悪いのかが分かるのに掛かってしまいました。

最終的には、自動化プログラムを作らなければなりませんので、自動化プログラムが出来上がるまでは手動によるデータ更新になりますが、月曜日にNRIと打ち合わせながら更新作業を行いますので、月曜日゛の午前中には完了すると思います。

自動化プログラムが出来上がるまではデータ更新は少し時間が掛かりますが、月曜日から出来るようになります。


2021/10/02 2回目 06:50

23 pt すごくいいねいいね

NYダウの市況速報

アメリカの製薬大手メルクが、新型コロナウイルスの増殖を抑える薬について臨床試験で効果が見られたと発表したことへの期待感などから買い注文が増え、ダウ平均株価は508ドル高で終わりました。開発中の新型コロナウイルスの増殖を抑える薬について、最終段階の臨床試験で入院や死亡のリスクをおよそ50%低下させる効果がみられたと発表したことを受けて投資家の期待感から大幅上昇して終わりました。


2021/10/02 1回目 00:10

4 pt すごくいいねいいね

★プログラムにバグが発生し、現在解明中です。
申し訳ありませんが、もう少しお待ちください。


前ページへ|次ページへ
新ケンミレ・アイ