トップ新ケンミレ・アイ

新ケンミレ・アイ

≫バックナンバーを見る

2020/03/26 3回目 17:20

77 pt すごくいいねいいね

★今年は動きが激しい相場が何回も起こります

今回の3500円上昇は、欧米という世界の中心で非常事態宣言が出て、外出禁止になっていて、急激に感染者が増えているなかで起きました。

◆何で、誰が考えても下る時に、大きく上がったのか

米国の景気対策も日本の景気対策も対処療法で、貰ったお金を使って終りです。根本療法の景気対策があればよいのですが、人者が動かないという前提条件がありますので、対応方法はないと思います。

唯一の景気対策は「簡易検査機器」と「ワクチン」の二つです。検査機器は今年中か、来年初めのは出来上がるかも知れませんが、ワクチンは「ハードルがたくさんあります」ので、目途は立っていないと思います。

つまり、景気対策はないと云う事になります。

それでも株式市場が上昇したのはどうしてか
何もしない事に投資家が飽きた、買ってみたら簡単に上った、直ぐに終わると思ったら上がり続けた、上がるから買う、買うから上がるという「株価変動値メカニズム」によって上ったと思われます。

◆勝負は次の下落場面という事になります


2020/03/26 2回目 07:01

45 pt すごくいいねいいね

★ニューヨークの28才から45歳のセレブが100キロ離れた別荘に非難している。

日本人でも、都心から避難している人はたくさんいると思います。私は別荘を持っていないので、どうしようかを考えています。

北海道に土地を買っていたので、北海道に移ろうかと友人と話したところ、寒いし、何もないし、とても耐えられないよと言われました。

将来、会社を北海道に移そうと考えて、5年前に苫小牧の近くり「ウトナイ湖」に造成済みの土地を買っています。



2020/03/26 1回目 06:34

63 pt すごくいいねいいね

★米国、2兆ドルの経済対策は効果があるのか

今の問題は「企業が動かない」「コジンが動かない」事です。つまり、経済が止まっているわけであり、企業倒産から失業者が急増する事です。

ここにお金を投入して、それが経済に好影響を与えられるのか
配られた1000ドルは、最低必要限度しか使わず、ほとんどが貯蓄に回ると思われます。

今、新型コロナウィルスに聞く景気対策はなく、凋落のスピードを落とす程度の効果しかない。

◆リーマンと新型コロナウィルスの違い
リーマンはサブプライムローンという劣後債が紙くずになった事ですが、新型コロナウィルスは経済が止まって「何も生み出さず、現在あるものかせ減るだけ」ですから、根本的に違う訳です。
つまり、敵が経済ならば対策で対応できますが、相手は病気で経済が止まる訳ですから対応できない可能性があります。


2020/03/25 2回目 21:59

51 pt すごくいいねいいね

★今回は相場を見誤りました

16358円から19564円まで3206円も上昇するとは思いませんでした。
22時現在では18730円の510円安となっています。

上昇要因は分かっていません。米国の景気対策という人もいますし、私のように学校閉鎖を辞め、遊園地なども再開を認め、イベントも法律ではなく要請ですむ程度とみんなが思った事で、反動が出て株式市場が上昇、上昇したので買い上げたら、更に上昇して、あっという間に19500円台まで上昇してほぼ高値引けで終わりました。

為替は111円台、NYダウ先物は5ドル高で推移しています。


2020/03/25 1回目 09:04

69 pt すごくいいねいいね

★日経平均二日連続大幅高、今日の寄り先は高い

16358円から18092円まで10%以上も上昇、本日も朝方は買い気配ですので、3日連続の続伸になりそうです。

上昇要因は、3日目の今日になっても分かっていないという不思議な大幅上昇となっています。こういう時にどう考えれば良いのか

答えは簡単です。
投資は「分からなくなったら止める」のです。このところ忙しかったので、丁度良い休憩と思ったほうがよいと思います。

相場は常に、上がり、下りを繰り返しますので、投資家は「分かっている時」だけ投資すれば十分と思ったほうが良いと云う事になります。

3日目の前場で上昇が一旦終わるという市場の経験則があります。
その経験則が異常に相場に通じるのかどうかはわかりませんが、勝ち続ける投資とは「勝つ確率が高い時にだけ投資する」事ですから、2日連続大幅上昇した三日目に買うのは危ないと思います。


2020/03/19 17:27

66 pt すごくいいねいいね

★★★★重要なお知らせ★★★★火曜日24日に一回目の「質問し放題タイム」を行います★★★★

前にも申し上げましたが、現状のKEN&BRAINSはメール対応ができません。しかし、会員の方には色々な疑問・質問があると思います。

そこで毎週火曜日に「質問し放題タイム」と称して、会員の方の疑問・質問にお答えする事にしました。

来週の火曜日24日が第一回ですが、やり方は「セミナーと同じで、質問に答えている間に質問をして頂き、その質問に答える」という方式になります。質疑応答オンラインセミナーは「最初に森田が話す」のですが、今回は「質問に答えるだけ」となります。

そして、投資顧問の会員には、投資顧問会員だから出来る質問がたくさんあります。そこで第二・第四火曜日は、先物投資顧問会員専用の質問時間を「質問し放題タイム」の後に行います。

先物会員だけが継続し、その他の会員は「質問し放題タイム」が終った段階で終了となります。


◆「質問し放題タイム」の参加資格は、ケンミレ会員・チャート会員・先物エグゼ会員・株エグゼ会員・キャンペーン参加者の皆さんです。


2020/03/18 23:28

64 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルス対応の経済対策の中身は効果ほぼゼロ

お金を提供する、米国は一人10万円、日本は1人5人円を支給するとも言われています。米国は107ち兆円、日本や欧州を合計すると数百兆円規模になると云われています。

お金を生まず、逆にお金が減り続ける新型コロナウィルスに対して、一人5万円を支給するし現金増ではありますが、砂漠に水を撒くのと同じで、数か月で消えるお金です。

つまり、お金の減収スピードが速く、政府がお金を提供しても、とても経済が毎日受ける損失の補てんとしては「規模が違う」と思います。

つまり、世界が考えている経済対策は全く効果が出ない対策という事になります。

◆では、どうすれば良いのか
毎秒で失っているお金を政治が補填しようとしても、それは不可能です。つまり、お金をつぎ込んでも効果は期待できないと云う事になります。

では、何ならば効果が発揮できるのか
答えは、人が動き、物が動く環境を作る事意外の対策は効果を発揮しないと言えます。

人が動くためには新型コロナウィルスに勝つ事だけです。

つまり、簡単に短時間でできる感染検査と、感染した時には「個人が出きる注射による新型コロナウィルス退治」の二つが出来れば、新型コロナウィルスに感染しても怖くなくなりますので、人が動き、続いて者が動き、お金が動きます。

つまり、検査機器とワクチン次第です。検査機器は意外に早く完成する可能性がありますが、ワクチンは最低でも1年半くらい掛ると云われていますので、今年と来年前半までは「駄目」と考えておいた方が良いと言えます。

◆新型コロナウィルスの影響
第一は企業倒産で、第二は失業、第三は生活保護者の急増です。世界中に企業倒産、失業、生活保護者の急増が起こり、治安が悪化して、犯罪が増え、社会のリスクが急増すると思います。


2020/03/14 11:59

157 pt すごくいいねいいね

★感染者2000人超えで、トランプ大統領が非常事態を宣言してNYダウ大幅高

緊急経済対策で何をするのか
検査で50万試薬を用意するなどの対処療法に500億ドルを使うと云う事です。これで何が起こるのか?

今考えれば、日本の学者は治療を受けられない人を出さないために、検査を受け付けなかったということが、武漢に続くイタリアの新型コロナウィルスで分かりました。

従って、50万の感染検査をして、感染者が急増すれば治療を受けなれない人が続出して死者が急増する事になります。つまり、米国でも医療パニックが起こるかもしれません。

◆新型コロナウィルスはどうなる
感染した事が分かれば、新型コロナウィルスがどうにかなるのであれば、非常事態宣言は大きな材料になりますが、この500億ドルで新型コロナウィルスの本質は何も変わりません。

NYダウの勘違いによる急騰相場が起こっただけと思われます。

日銀が投資市場に150兆円を投入すると言いました。
1980年代後半に「円高を守る」といって、市場に資金を供給し続けて、ヘッジファンドの餌食になったことを忘れたのか、もしかしたら同じ事をしようとしているのかもしれません。

人・物・金が動かない事が新型コロナウィルスの特徴です。つまり、新型コロナウィルス対策とは「人」「物」「金」が世界中で動き始められる何かを行う事です。

しかし、政治家と中央銀行総裁は「金を出す」「困っている人にお金をばらまく」という、瞬間で消滅する事にしかお金を使おうとしません。頭を使うのではなく、浮かんだ事を行うという「今の学生と同じで、真剣に考えない」習性ができているのだと思います。

真剣に考え、ない知恵を絞るという生き方は「大変なのでしない」という学生を生んだのは「政治家と官僚だった」ということが、人類の危機と云われる危機ではっきりとうきあがってきました。

◆今後の投資戦術
新型コロナウィルスは終りません。大きく下って「一回リバウンドが欲しい」というたきに「自然に上がる」というのが今の株式市場です。

来週も上がり続けるのか、再び下がるのかは「相場が始まって見なければ分かりません」が、新型コロナウィルスに対する「小出しの対処療法」以外の方法が発表されるまでは、だましだましの相場が続くかもしれません。

この相場の特徴を掴んで投資戦術を練らなければ何もできないと思います。真剣に考える事を忘れた現代人には「一番苦手な相場」かもしれません。

通常は小さく取り、またに起こる3000円〜5000円の大きな上昇が起こった時に、安いところを広い続けた投資家が「まとまった安値買いの売りで大きく儲ける」のが、今年の相場かもしれません。

◆2020年の相場はとても面白い相場になる可能性が高くなってきました。2017年に転換点が一度も来なかった翌018年は「転換点投資回数は4回、シグナル点灯は9回」有りました。

相場が動かない翌年は「良く動く相場」「利益率を高められる相場」になる傾向がありますので、今年は勝負しようという気持ちで株式市場に対処しましょう。


2020/03/13 23:09

83 pt すごくいいねいいね

★今日のロイターに乗っていた新型コロナウィルス関連ニュース

インドネシア、減税など80億ドル規模の景気支援策 新型コロナ対応
ノルウェー中銀が0.5%緊急利下げ、新型コロナに対応
豪政府、500人以上の集会自粛を要請 新型コロナ対策
新型ウイルス、世界の感染者13.45万人・死者4970人
中国、新型コロナ問題で米国への批判強める 国営紙が論評
米イーライリリーと加アブセレラ、新型コロナ治療薬を共同開発
中国、新型ウイルスの新規感染者が1桁 焦点は海外感染者対策に
新型コロナ、韓国で退院者が新規の感染者を上回る
ブラジル、新型コロナで20億ドルの対策合意を=経財相
カナダのトルドー首相夫人、新型コロナ陽性 首相も自主隔離
ポルトガル、全校を休校へ 新型コロナ対策は「生存の戦い」
新型コロナ流行、1年かそれ以上続く可能性=シンガポール首相
オランダ、今年景気後退入りも 新型コロナの影響次第=中銀総裁
ギリシャで初の新型コロナ死者、劇場やジムも2週間閉鎖へ
ベトナム中銀、利下げ検討 新型コロナ打撃受けた国内経済支援
スペイン、新型コロナでバルセロナ近郊の町封鎖 経済対策も発表
G7、新型コロナ巡り国際協調継続を確認=次官級協議で米財務省
IATA、各国政府に航空会社支援を要請 渡航制限で打撃
フランス、新型コロナ対策で全校休校へ 企業支援も表明
イタリア、新型コロナの死者1000人超す 株価は過去最大の下げ
米ニューヨーク市、非常事態を宣言 新型コロナ対策で
米NYブロードウェー、12日から公演中止 新型コロナ対策で
ECB、行内チームを分割 新型コロナ対策で
EU、米政府の渡航制限を非難 「一方的で事前協議なし」
英首相「国内死者さらに増加へ」、新型コロナ対策を強化
米企業、新型コロナ関連で600人超を一時解雇=調査会社
独、新型コロナ感染者が2369人に急増 死者5人
米ニューヨーク州、500人超の集会禁止 新型コロナ対策で
来月のG7財務相会議、テレビ会議方式で開催=米財務省
EU・中国首脳会議、新型コロナで延期の公算=外交筋
米、新型コロナ感染1264人 死者36人=CDC
英、新型コロナ感染者は最大1万人の可能性=政府首席科学顧問
IMF、新型コロナ対策で「各国が協調を」 救済基金拡充も要請
トランプ氏、欧州側と事前協議せず 渡航30日間停止巡り
ECBが量的緩和拡大、利下げは見送り コロナ対応で「財政出動を
米CDC、欧州29カ国への渡航を「レベル3」に指定
新型コロナ大流行、6月までに終息も 各国協調なら=中国専門家


2020/03/12 12:32

87 pt すごくいいねいいね

★中国が新型コロナウィルスを抑え込んだと表明、WHOは正反対のパンデミック宣言

間もなく、中国では工場の操業を開始すると言っています。今、武漢でも抑え込んだのは「外出させない」「二人以上の食事禁止」「学校や企業が活動中止」など、人と人が接触しないようにした事で、感染者が10件台まで減少しています。

◆これで新型コロナウィルスを克服できたというるのか
多分、中国が活動を再開すれば、再び感染が復活して広まるというシナリオの可能性があります。
感染者は数万人以上もおりら、更に新規感染者がゼロでないのに、工場などの活動を再開すれば、感染者が急増します。

もし、中国が新型コロナウィルスの抑え込みに成功したと見て、株を買う人が出てくるかもしれませんが、感染者が増えてきたというニュースが出て、急増すれば株式市場は再び下るかもしれません。

逆に、本当に中国が新型コロナウィルスを抑え込み、活動再開しても感染者が増えないという事態になれば、世界の株式市場は一気に上昇する事になります。

◆本日も日経平均は前引けで1000円安となり、為替は103.32の1円10銭円高、WTI原油は31.2ドルで、株式市場以外は落ち着いた動きとなっています。


前ページへ|次ページへ
新ケンミレ・アイ