ケンミレ進化論

第1節 『ケンミレ株式情報が生まれた訳』

第1節 『ケンミレ株式情報が生まれた訳』

バブル崩壊後、日本の金融市場をロンドンやニューヨーク並みの国際金融市場として再生するための『金融システム改革(日本版ビッグバン)』が推進され始め、証券界でも規制緩和が次々と行われて、中でも取引手数料の自由化はインパクトが大きくインターネットの普及と並行してネット証券が乱立しました。

政府も『貯蓄から投資へ』とスローガンを掲げ、個人投資家が激増しましたが、自己責任は求められるものの、必要な知識を教えてはくれませんでした。

株式市場という同じ土俵で取引をするのに、プロとアマには情報やツールや技術には格段の差があります。個人投資家が負けないためのデータや知識やソフトを提供しようと、株式情報サイトをオープンしたのが1997年9月1日でした。

初めての試みの連続、
行ったことは株式情報サイトでは「あり得ない」
と言われた非常識なことばかり。

(1) 個別銘柄は推奨せず、上昇時に「今は買ってはいけない」とレポート

社会人になって給料をもらえるようになるには、高校までで12年間、大学までなら16年間も勉強します。でも株式投資では、ほとんどの人はすぐに実践に出てしまい、事前に勉強する人はいませんでした。株式投資は一種のギャンブルだと思われていたためです。

しかし、汗水流した給料から税金や生活費を引いて、残った大切なお金で投資をするには、株式市場の仕組と対応方法(投資理論)や実践するときのノウハウ(投資技術)の勉強が必須です。それをケンミレがサイトで発信し、個人投資家自身に身につけてもらおうと思いました。

ですので、個別銘柄の推奨ではなく自分で判断できるための知識を提供し、証券会社や投資顧問が投資家に買わせたがる高値圏では、下落に転じるリスクが高いので割安になるまで待ちましょうと言い続けました。

証券会社からセミナーを依頼されることも度々でしたが、「今は買ってはいけない」と発言しても良いということが絶対条件でしたので、結局1社としか縁がありませんでした。

(2) 終値株価を無料で提供

当時は、株価データは大手の配信会社が有料で提供することが業界での常識でした。しかし、有料ではほとんどの個人投資家は利用できないですし、株価の推移を確認しないで投資することほど危険なことはありません。また、未加工のデータは公共のものであり、それを有料で提供するのはおかしいとケンミレは考えましたので、証券取引所や配信会社に年間2400万円払ってデータを買い、それをケンミレ株式情報で無料で公開しました。

証券界やデータ配信会社からはバッシングを受けることもありましたが、サイトオープンから4ヶ月で、株式情報関係のサイトでページビューNo.1になりました。

JAVAで自在に設定できるチャート

JAVAで自在に設定できるチャート

2本のスライドバーで自由に期間を設定でき、週足でトレンドを確認しながら直近は日足で見られる、移動平均線を任意の日数で指定できる、三角保ち合いの将来交わる頂点を自動的に計算して表示する、信用残高をチャート上で見られる、など、紙のチャートブックでは不可能だった実践に必要な機能を付けた株価チャートをJAVAという技術で初めて開発に成功。

これだけで投資ができるとプロや専門家のファンが増え、「チャートのミレニアム(チャートのケンミレ)」と呼ばれるようになりました。