トップコロンブス・エッグ会員:3つの信頼性について

コロンブス・エッグ会員:3つの信頼性について

ケンミレでは、会員の皆さまに安心してサービスをご利用いただくために、「商品の信頼性」「インフラの信頼性」「企業の信頼性」を大切にしています。

商品の信頼性

ケンミレのソフト開発は、まずは考えられるだけのケースを想定して、それに対応した数え切れないシミュレーションを行い、一定以上のパフォーマンスを獲得できたソフトのみリリースしています。

従って、まだ研究途上のソフトが沢山あります。たとえば、初動ソフト・発押しソフト・ペアーズソフト・予算入力でAI的ソフトが自動的に最適な組み合わせをシミュレーションして 教えてくれるソフト、類似ソフトなどですが、いずれもオンリーワンのノウハウを確保できたらリリースする予定です。

また、ケンミレのシミュレーションは、シグナルが点灯した翌日の寄り付きで買うという方法を取っています。多くのソフトは「シグナルが点灯した日の終わり値計算=実際には買えない額で計算」していますが、パフォーマンス計算を出来るだけ正確にするために、ケンミレではシグナル点灯日の翌日の寄り付き買いという方法を取っています。

インフラの信頼性

提供する商品は、自社内のサーバールームにてサーバーを仮想化して行っています。また、インターネットサイトの制作も自社で行っています。つまり、商品につきましては、全て自社内で行っていますので、プログラムも全て分かっていますから、インフラの信頼性や商品の信頼性は確保できています。

また、インターネットで提供するサービスにつきましてはソネットのデータセンターを介して提供しています。従って、管理運用面でサーバーダウンなどが発生したとしても対応できる体制を構築しております。

企業の信頼性

アポロン株式会社は1998年に創立以来、無借金経営を継続しております。また、2016年で19期連続で黒字経営を継続中です。企業ポリシーは、サービス業はお客様からお礼を言われる仕事をすることは当然ですが、それでは企業の信頼性は得られません。お客様が「お宅は頑張っているね」と言われるのではなく「そこまでしてくれるのか」と云ってもらえる仕事をして初めて企業の信頼性を獲得することができると考えています。

アポロン株式会社の詳細については「社是」をご覧いただきたいとおもいます。