トップわかる!株式用語吹き値売りとは

わかる株式用語

吹き値売りとは(ふきねうり)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

相場が急騰したときの値段を「吹き値」と言い、
そこで売却することを「吹き値売り」と言います。

株価は買いたい人が多いほどあがります。
買いたい人がいなくなると株価は下がります。
この法則は株価だけではなく、何でもそうですよね。
最近ならば、お笑いです。ブームのときはギャラが高くなりますよね。
「もう、いいかな、食傷気味!」という感じで、ブームが去ってひと段落というわけです。
ブームが去ったら、ギャラも落ちてきます。
「吹き値売り」とは、銘柄にブームの火が点いて、人気がグッと上がったその時に売ってしまうということです。

これだけは覚えよう!

株は“買って売る"のが目的です!

株式市場で一番難しいといわれるのが「売り」と言われています。

投資家は買いたい銘柄を物色することには、とっても真剣ですが、売りに関しては「上がったらそのとき売ればいいかな」なんて楽観的に思っていたりします。

いろんな情報を駆使して、儲かりそうな株を見つける。
でもその時って、案外「損したら、どうするか」ということに気持ちが向いてなかったりするんですよね。冷静なんですけど、ちょっと気持ちのバランスが儲かる期待に傾いているといいますか・・・。

投資のプロは「売り」ができて一人前と言われます。
儲かって売る時には出来るだけ儲けたい、損して売る時には出来るだけ損を少なくして売りたいと思っています。

買うときよりも売るときが難しいのは、投資家の「欲望と恐怖」が邪魔をするからです。心の葛藤ともいえますが、自分の気持ちに勝つためには、ルールを作ってしまうことが一番の方法です。

売るためのルールにはいろんなやり方があります。

例えば「買ってから10%上昇したら無条件に売る」とか「移動平均線まで上昇したら売る」とか「前回の相場の高値まで上昇したら売る」等、色々な方法が有りますが、その中の一つが「吹き値売り」と言う事です。

もうひと頑張り!

一番多い株価の動きのパターンは『出来高を伴って株価が上昇した時、殆どの買いたい投資家が買い、この殆どの買いたい投資家が買って株価が急騰した後は 下がる可能性が高いわけですから、この株価が急騰した時に売れば良い』と言う事になります。この考え方で売り場を決めるのが『吹き値売り』です。

株価が急騰すると、「もっと上がるかも」と思ってしまって売れなくなってしまいがちです。投資家の欲が邪魔をしていますが、そもそも株価の天井は誰にもわかりません。天井を見極めて売ろうとするのは至難の業です。

売るための目標を自分自身で考えて、検証することは大変ですし、「もう少しあがるかも」とか、「明日戻すかも」という憶測が邪魔したりしますから、いつも売り損なってしまう人は、急騰したらとりあえず売るというルールを作ってしまいましょう。

そんな時は「吹き値売り」という言葉を思い出して、確実に売ってしまうのも一つの方法です。

グッドイシューでは、過去のチャートを元にどのくらいの期間で、どのくらい上昇するのかを「波動ライン」で検証できたり、売りの目標株価を登録すると、「売りたいシグナル」でお知らせしたり、「売買タイミング診断」があったり、「売るためのルールを作る」ソフトがあります。(会員さん専用のソフトとなります)


株価の値動きに自動的に最適化された様々なソフトが、「売り」、または「買い」のタイミングと目標を決断するのを助けてくれるんです。

株は買って「売る」のが目的です。グッドイシュー独自のソフトを使って自分なりの「売りのルール」を作ってみてはいかがでしょうか?

よく検索した用語集