トップわかる!株式用語ゴールデンクロスとデッドクロスとは

わかる株式用語

ゴールデンクロスとデッドクロスとは(ごーるでんくろすとでっどくろす)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり


"ゴールデンクロス"は株価が下落した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜ける現象をいいます。逆に"デッドクロス"は株価が上昇した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に抜ける現象をいいます。

日足の場合、短期が25日、長期が75日を使うことが多いです。
週足の場合、短期が13週、長期が26週を使うことが多いです。

これだけは覚えよう!


”ゴールデンクロス”は買いサイン!
”デッドクロス”は売りサイン!

■なぜ”ゴールデンクロス”は買いなのか?

株価が下落するときは、高値で買って売り損なっている人がたくさんいます。その人たちは損をしたくないので再び株価が上がってくるのを待っています。

これは、高値で買っていた人の"売りたい"という重石が株価を上から押さえている状態です。そして、売りたい人の多くが上昇を待ち切れずにあきらめて売ってしまい、その重石が取れたときがゴールデンクロスになります。少し難しくいうと需給関係が良くなったともいいます。

つまり“売りたい投資家”がいなくなると株は上がるしかないということです。

デッドクロスは全く逆になります。

ただ、"だまし"になることもあるので注意が必要です。

もうひと頑張り!


■「使えるゴールデンクロス」と「使えないゴールデンクロス」

株価の上昇転換を示す”ゴールデンクロス”ですが、残念ながらすべての”ゴールデンクロス”が買いサインというわけではありません。

実際にチャートを見てみましょう。一方は、株価がしばらく底値で推移した後に出た”ゴールデンクロス”、もう一方は下落した後に急騰して、再び株価が下がった後に出た”ゴールデンクロス”です。


「買っても良いゴールデンクロス」とは、株価が大きく下落して「横ばい」を続けた後に出た”ゴールデンクロス”です。

グッドイシューではこの形を”L字型ゴールデンクロス”と呼んでおり、実際の株価と移動平均線があまり離れていないのが特徴です。

長く同じ価格帯を行ったり来たりしていた後に出た”L字型ゴールデンクロス”は、今までと違う何か新しい材料が出た可能性があり、横ばい期間が長いほど上昇率も大きくなります。


一方、急落した後に、急騰して切り返すようなV字型の上昇であらわれた”ゴールデンクロス”は、「使えないゴールデンクロス」です。

この”V字型ゴールデンクロス”は“だまし”になることが多いので良く見極めてください。

実際の株価と長期の移動平均線が大きく離れているのが特徴です。

このパターンだと”ゴールデンクロス”が出たときには、もう株価がかなり上がってしまっていることが多いので気をつけましょう。


★★チャートのことを「イチ」から学びたい方は「チャート 〜入門編〜」をご覧ください。

ローリスク・ハイリターン投資をする上で、ぜひ知っておいていただきたい株価チャートにまつわる知識を、
まさに「イチ」からご案内しています。

「チャート 〜入門編〜」はこちらからどうぞ

▼ゴールデンクロスとデッドクロスのレポートはこちらから直接ご覧いただけます

 【イチから始めよう】 ゴールデンクロスとデッドクロス

 【イチから始めよう】 買ってもいいゴールデンクロスと買ってはいけないゴールデンクロス

 【イチから始めよう】 下落確率の高いデッドクロスとは

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

チャート 〜入門編〜

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。