トップわかる株式用語ゴールデンクロスとデッドクロスとは

ゴールデンクロスとデッドクロスとは(ごーるでんくろすとでっどくろす)

まずはざっくり

"ゴールデンクロス"は株価が下落した後に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜く現象のことをいいます。
逆に"デッドクロス"は株価が上昇した後に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下抜く現象をいいます。

日足の場合、短期が25日、長期が75日を使うことが多いです。
週足の場合、短期が13週、長期が26週を使うことが多いです。

これだけは覚えよう!

“ゴールデンクロス”は買いサイン!
“デッドクロス”は売りサイン!

名前からするとゴールデンは買いでデッドは売りってイメージできるけど、
なんでゴールデンは買いなの?

ゴールデンクロスは下落の後に起きるので、高いところで買ってる人が大勢いるんです。その人たちは損はしたくないので上がるのを待っています。この状態は前から買っていた人の”売りたい”という重石が株価を上から押さえている状態です。その重石が取れたときがゴールデンクロスなのです。
ちょっと難しくいうと需給関係が良くなったともいいますね!

“売りたい”がなくなると株は上がるしかないんです!
イメージできましたか?

デッドクロスは全く逆になります。

ただ、ときどき”だまし”になることもあるので注意が必要です!

もうひと頑張り!

■「使えるゴールデンクロス」と「使えないゴールデンクロス」
株価の上昇転換を示す「ゴールデンクロス」ですが、残念ながら、ゴールデンクロスなら全部買いサインとはいえないんです。
実際にチャートを見てみましょう。一方は、株価がしばらく底値で推移した後に出た「ゴールデンクロス」、もう一方は下落した後に急騰して、再び株価が下がった後に出た「ゴールデンクロス」です。


「買っても良いゴールデンクロス」とは、株価が大きく下落して「横ばい」を続けた後に出た「ゴールデンクロス」なんです。
実際の株価と移動平均線(長いのも短いのも)があまり離れていないのが特徴です。
長く同じ価格帯を行ったり来たりしていた後に出たゴールデンクロスは、今までと違う何か新しい材料が出た可能性があって、横ばい期間が長いほど上昇率も大きくなります。

一方、急落した後に、急騰して切り返すようなV字型の上昇であらわれた「ゴールデンクロス」は、「使えないゴールデンクロス」です。
“だまし”になることが多いので良く見極めてくださいね!
特徴は、実際の株価と長期の移動平均線が大きく離れています。
このパターンだとゴールデンクロスが出たときには、もう株価がかなり上がってしまっていることが多いです。

ゴールデンクロスとデッドクロスについてもっと詳しく知りたい方は
チャートに強くなろう 第6回 チャート活用編 −ゴールデンクロス・デッドクロスをご覧ください。

前の用語次の用語

旬なテーマを使って財産構築のための割安株投資を実践
三角保ち合いが教えている「10月○日前後が・・・」 その時の勝負を決めるのは、今からのモチベーション
これからのグッドイシューライフにつきまして
グッドイシューの投資手法「割安株投資/割安ゾーン投資」
グッドイシューの「投資一貫システム」
無料メールマガジン

お知らせ

2014年9月01日 更新 new
旧有料サイト(L&C)をご利用の方へ

会社案内

グッドイシューとは?
10のこだわり
3つの信頼性
グッドイシュー会社概要
会社沿革
スタッフ紹介
採用情報new
good issue Scientific Criteria