トップ本に書いてないチャート機能の使い方「第2回 チャートのどの機能を使うのか?」

本に書いてないチャート機能の使い方

第2回 チャートのどの機能を使うのか?

≫レポート目次を見る

チャート機能で個別銘柄分析に求める機能は

A. 今の株価水準が割安なのか、
適正なのか、割高なのか
B. 今のトレンドは
どっちを向いているのか
C. どこまで下がるのか、
どこまで上がるのか

と言う三つです。

チャートで市場全体の方向性を見るためには

A 株価指数の比較
日経平均株価・規模別株価指数・業種別株価指数
B 世界の株価指数との比較
NYダウ・DAX指数・FT100・上海指数・ハンセン指数など
C 為替市場との関係
ドル円・ユーロ円・ユーロドル
D 原油市場との関係
WTI・北海ブレント・ドバイ
E 債券市場との関係
今はゼロ金利ですので意味はありませんが、将来的には日本の公定歩合・無担保コール・CD新発3か月・長期国債や米国のFFレート・EUの市場介入金利などを参考にします。

などを比べてマクロの分析をします。

ただし、マクロ分析は非常に難しく、また時間もかかりますので、基本的には専門家の見方を参考にすれば良いと思います。好きな方はマクロ分析は面白いので試してはいかがでしょうか。

チャートにはお金が落ちているというレベルでチャートを使うなら、マクロ分析までは必要ありませんし、またチャートの本に書いてあることもほとんど必要ないと言えます。ここでは、本に書いていない、株式投資の勝者が使っている、マニアックな、しかし難しくない機能の使い方を解説します。

このレポートは初級編のレポートですので、
最低基準として、どうやってチャートの機能を使って勝つのかについてだけ申し上げます。

勝つために使うチャートの機能

  1. 期間の自由変更(もっとも重要)
  2. 移動平均線の日数の自由変更(重要)
  3. トレンドライン(重要)
  4. 日足と週足と月足の比較
  5. 押し目・戻し目ライン
  6. 新値銘柄数
  7. 信用の評価損率
  8. 信用買い残高と売り残高
  9. 売買タイミング指標
  10. 業種別インデックス・テーマ別インデックス・事業品目別インデックス
  11. 三本のバリューライン

これだけ使えればチャートは強力な武器に変わります。
そして、この使い方に慣れてきますと、チャートを開いた瞬間に全ての分析が瞬時にできるようになります。
そうなれれば、引っかかった銘柄のチャートだけを見れば良いわけですから、短い時間で良い銘柄を見つけられやすくなります。

本に書いてないチャート機能の使い方 - 目次

第1回 チャートとは何か?
ローソク足の見方については色々な本で解説されています。
ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと、 私の知り合いのテクニカルアナリストはまったく当たりません、 というよりも当たったところを見たことがありません。 つまりチャートの理論的な使い方がわかっても株式投資に勝てるわけではありません。
昔、私は「チャートにはお金が落ちている」と言っていたことがあります。
つまり、チャートを活用すれば株式投資で勝つ確率をアップできると言うことになります。
第2回 チャートのどの機能を使うのか?
チャート機能で個別銘柄分析に求める機能はA. 今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか B. 今のトレンドはどっちを向いているのか C. どこまで下がるのか、どこまで上がるのか と言う三つです。
第3回 機能の解説:チャートの表示期間を自由に変更
それでは一つずつチャート機能の使い方を説明します。チャートの機能につきましては、作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。
ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。
第4回 機能の解説:移動平均線
今回はチャート機能の2回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書きました。今回は移動平均線を銘柄毎にフィットさせることで、抵抗ラインを探す機能です。
第5回 機能の解説:トレンドライン、日足/週足/月足
今回はチャート機能の3回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書き、2回目は移動平均線の最適化の方法について書きました。
3回目は「知れば知るほど面白くなる」トレンドラインの使い方について説明します。
第6回 機能の解説:押し目・戻し目ライン
もう半分まで来ました。今が一番面倒臭くなるタイミングだと思います。
言い換えますと、このタイミングで多くの投資家がギブアップして、チャートを投資の武器にできずに終わってしまいます。逆に言いますと、ここを乗り越えますと、チャートを投資の武器にすることが面白くなり、面白くなれば意欲も復活しますので、 ここが勝負どころと考えて頑張りましょう。
最終回 機能の解説:新値銘柄数、信用評価損率
最後の二つは、私が株式市場の転換点を探すときに使ったものですが、 的中精度は非常に高かったので、ぜひ使い方を覚えていただきたいと思います。

グッドイシューで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top