トップ株式投資で知っておいた方が良いこと株式投資で知っておいた方が良いこと「第3回 個人投資家の最大の武器」

株式投資で知っておいた方が良いこと

第3回 個人投資家の最大の武器

≫レポート目次を見る

(1)個人投資家 VS プロの投資家

昔、私がまだ駆け出しの証券マンだった頃は、今のようなネット証券はありませんでしたので個人投資家が株式投資を行うには証券会社に口座を開くと必ず担当の証券マンが付きました。そして証券会社は手数料を生業とするビジネスですから、"できる証券マン"と"できない証券マン"の違いはどれだけの手数料を上げるかで決まっていました。

そして前場と後場の取引中、証券マンは自分が担当するお客様にひっきりなしに電話をかけ、場況を伝えながら課せられた一日の手数料のノルマを達成するための売買注文を取るということを行っていました。

今はもうこのようなことはないと思いますが、当時は一人一人の証券マンの一日の手数料の「30分刻みのノルマ」がホワイトボードに書かれていて、分単位で目標の進捗状況について支店長から"叱咤激励"が飛び、手数料を達成した営業マンから"やっと椅子に座れる"という毎日でした。

このときの今でも鮮烈の覚えている支店長の"叱咤激励"の言葉があります。

…株式投資には「買う」か「売る」しかないんだ。だから早く買え、今すぐ買え。買わないでもし(株価が)上がってしまったら、お前どうやってお客様に責任を取るんだ?

ここに株式投資で失敗しないための大事な教訓があります。それは「いつでも買う」ということは、占いと同じで結果は『当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦(はっけ)』ということです。

なぜなら、株価は「上がれば下がり、下がれば上がる」の繰り返しですから、株式投資で失敗しないためには「下がったときしか買わない」とすれば良いはずですが、いつでも買うということは「上がったところでも買い続ける」というまったく反対のことになるからです。

個人投資家の中には「常に売買して効率良く勝ちたい」と思い、プロのディーラーや上級者のデイトレーダーが行うような上がった銘柄でも買おうとする人がいますが、彼らが上昇中の銘柄を買っても勝つことができるのは「勝つための知識と技術と環境を持っている」からです。

特に銀行や保険会社や証券会社などのディーラーの場合、毎日売買しなければ「投資資金を有効に運用することができない無能なディーラー」と評価されてしまいますので、株価が高いときでも「積極的に買わざるを得ない」という特殊な事情もあります。

しかし個人投資家は彼らプロの投資家とは知識も技術も環境も違いますし、ましてや「株価が高いときでも買わなければいけない理由」はよほど株好きな人以外にはないはずです。グッドイシューが「株が好きな人ほど敗者」といっているのは、このような理由があるからです。

(2)「株式市場の動きに自分の動きを合わせる」とは

つまり毎日「買う」のではなく、株価が大きく下がるまで『待つことができる』ということが、個人投資家が持っている最大の武器なのです。

それにもかかわらず、株価が上がっていても常に買うということは「ひょっとしたらもっと上がるかもしれない」という自分に都合の良い発想であり、その人の欲でしかありません。したがって、グッドイシューでは敗者とならないために自分の都合ではなく『株式市場の動きに自分の動きを合わせよう』といっています。

私も何度も経験がありますが、特に上昇相場が続くと「買っては売り、売った資金ですぐ次の銘柄を買っても、また上がって売れる」のでだんだんと気持ちが大きくなり、「せっかくだから大きな利益を取りたい」と思って"後の取引になればなるほど投資資金の多くをつぎ込む"ようになります。

ところが株価は「上がれば下がり、下がれば上がる」の繰り返しですから、上昇相場もいつかは必ず終わって下降相場に転換します。さらに上昇相場の「後の取引になればなるほど株価水準は高値圏」となりますので、下降相場に転換しますとそれまで大きく上昇した分、下げ方も大きくなりますから「コツコツ積み上げてきた利益を一回の失敗で吹き飛ばす」ということになります。

このような失敗をしないための一番簡単な方法は、前回お話したように「日経平均やTOPIXなどの株式市場が大きく下がっているときしか投資しない」というルールを作ることであり、そのための武器としてグッドイシューでは『波動ライン』というソフトを提供しています。

しかし、株式市場が「大きく下がっているとき」とソフトが教えてくれたとしても、そのタイミングでできるだけ投資資金の多くをつぎ込んで買うことができなければ、せっかく待ち続けたチャンスが来ても「少ない儲け」で終わってしまいます。

つまり『株式市場の動きに自分の動きを合わせる』ということは、一つは「株式市場が大きく下がったときしか買わない」というルールを作り、もう一つは株式市場が大きく下がったときに「株式組入れ比率を高くする」、反対に大きく上がったときは「株式組入れ比率を低くする」ということです。

もしも皆さんが自分自身の株式組入れ比率を振り返ってみたときに、株式市場が上がったときに株式組入れ比率が100%近くになっていれば「その投資戦術は間違っている」ということになります。

以前、私は自分の投資資金を「株式を買っている金額」と「残っている現金の額」に分け、売買するたびにエクセルに記入して「資産の増減」と「株式組入れ比率と現金比率」を自動計算するようにしていました。そして、日経平均やTOPIXの動きをチャートでチェックしながら「株価が下がってくればいずれ上がる可能性が高くなるので、株式組入れ比率を上げて現金比率を下げよう」、反対に「株価が上昇すればいずれ下がる可能性が高くなるので、株式組入れ比率を下げて現金比率を上げよう」というようにしていました。

最初にエクセルに計算式を作るまではとても面倒な作業ですが、この面倒な作業をして初めて「自分に都合の良い発想や欲」をコントロールすることができます。

しかし自分でエクセルに計算式を作って数字を入力し続けることは「手段」であって「目的」ではありませんので、グッドイシューでは、作ったエクセル表を分析し、分析した結果に基づいてこれからの投資行動を決定するという「目的」を果たすための『売買履歴』というソフトを開発しました。

株価が大きく下がるときとは「勝つ確率が高いとき」です。勝つ確率が高いときだけ投資すればおのずと「負ける確率は低く」なりますので、個人投資家が持っている「大きく下がるまで待つ」という最大の武器を活用しない手はないと思います。

株勉強 topへ
株式投資で
知っておいた方が良いこと