トップ勝者への道 「第2回 勝つ確率の高いタイミングだけ投資する」

勝者への道

第2回 勝つ確率の高いタイミングだけ投資する

≫レポート目次を見る

株式投資で勝つ確率を高める方法は、株式市場が大きく調整したタイミングで買う努力をすることです。このタイミングをうまく捉えて投資するには、どのような点に注目すればいいかを学びましょう。

中期波動の調整、ここに注目!

ケンミレでは、大きく調整したときを中期波動での調整と言います。大きく調整したという漠然とした言い方ではどのくらいの程度か分からないかも知れませんが、参考期間を申し上げますと2〜3ケ月以上と考えて下さい。

中期波動の調整の特徴は幾つかあります。短期波動の調整と比べると以下の点で異なっています。

中期波動の調整 一旦休みがほしいという時の調整ですので長くなり、軟調な期間が長くなっている間に投資家が自信を失ってしまって、新規の買い材料が出ないと上昇しない傾向があります。
短期波動の調整 利食い売りが終われば、再び上昇しますので5日から2〜3週間の上昇と1〜2週間の調整となります。

中期波動で調整中の株式市場が上昇に転じるためには、『新しい好材料』が出るか、それとも『既存の悪材料』が消えるかのどちらかが必要になります。

中期波動で調整後の上昇の場合には、通常で2〜3ケ月、材料が大きいときには5〜6ケ月上昇する可能性がありますので、この上昇相場に『初期で乗る=投資をする』ことが一番安全な投資タイミングとなります。

そして、何より中期波動での調整の利点は『大きく調整したため、投資の参加者が少なくなっている』ことです。

このため、参加者が少ないので、全ての銘柄が一度に上昇するような相場にはならず、次々に新しい銘柄が上昇する相場になります。

このような相場ならば、上昇する順番を間違えて選ばなければ、1回目の上昇で何回も投資できます。 つまり、最初の上昇で3〜4回投資できれば、そして中期調整が年間で2〜3回あれば、8〜12回程度は買いチャンスがあるということです。

これだけ投資チャンスがあり、なおかつ株式投資を財産構築の手段と捉えることができれば『十分、目的は達成』できます。

しかし、株式投資に娯楽性を求めるのならば結果は違ってきます。娯楽とは楽しむことで、どんなことであっても『楽しむためにはコストがかかり』ます。ですから、株式投資に娯楽性を求めるならば、その分だけ『損失が発生する確率が高くなる』と考えなければなりません。 それは、自分のレベルを超えた割安株に投資することや、自分の感情の赴くままに買ってしまうことで『その後の対処方法』が何も確立出来ていないからです。

しかし、投資レベルが上がって他の要素が満たされれば、売買回数が多くなっても娯楽性が小さくなるので勝つ確率をアップさせることができます。

また、初級者には難しいですが、中級者になりますと中期波動の調整の後に来る、一番初めの上昇だけに投資タイミングを絞る必要はありませんし、もっと柔軟に対応してもよいと言えます。

中期波動の調整が終わると『次の中期波動の上昇が始まり』ます。 つまり、それは中期波動を構成しているそれぞれの短期波動の上昇と調整が何回か起こることを表します。この短期波動の調整を買うのは上級者の投資方法ですが、中期波動の上昇の初期から中期までは中級者でも対応可能だと思います。

問題は、初期は良いとして『中期と思って押し目を買ったつもりが、中期波動の上昇の末期で、中期調整が始まり下がってしまった』ときです。

このような場合は、短期波動の上昇の2回目までしか買わないというように、相場の勢いを見ながら『あらかじめ、何回目までの上昇は買うが、その後の上昇は休む』と決めて投資する方法も中級者であればOKだと思います。

【ポイント】
■初心者は年間2回程度の中期の調整タイミングを狙う。
■中級者で短期波動を用いて売買する場合でも、2回目までにして、3回目以降は買わないなどのルールを決める

株勉強 topへ
勝者への道
全21回