トップ市況速報2015年12月25日の市況速報

市況速報

2015年12月25日の市況速報

≫バックナンバーを見る

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

大引け速報 「小幅ながらも5日続落」

レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
18823.91
(+34.22)
18812.18
(+22.49)


18769.06
(-20.63)
日経先物
(前日比)
18800.00
(-10.00)
18790.00
(-20.00)
18720.00
(-90.00)
TOPIX
(前日比)
1523.87
(+0.25)
1519.44
(-4.18)
1516.19
(-7.43)
日経JASDAQ
(前日比)
2580.98
(-3.01)
2572.81
(-11.18)
2565.07
(-18.92)
マザーズ
(前日比)
829.51
(-4.24)
828.06
(-5.69)
827.73
(-6.02)
上海市場
(前日比)

3614.81
(+2.32)
3620.58
(+8.09)
  9:00 11:30   15:00








1位 水産農林 水産農林

水産農林
2位 保険 保険 保険
3位 パルプ紙 小売 小売
4位 非鉄金属 医薬品 医薬品
5位 金属製品 食料品 食料品





1位 電気ガス 電気ガス 電気ガス
2位 銀行 鉄鋼 鉄鋼
3位 その他金融 銀行 鉱業
4位 陸運 鉱業 銀行
5位 鉄鋼 卸売 卸売
  9:00 11:30   15:00
値上がり 763 594

509
値下がり 999 1238 1362
変わらず 170 104 65
新高値 2 5 6
新安値 73 122 149
出来高
(前日同時刻比)
3.2億株
(-0.4億株)
9.7億株
(-0.5億株)
19.1億株
(-0.7億株)
売買代金
(前日同時刻比)
2397 億円
(-843億円)
8248 億円
(-1478億円)
16049 億円
(-3313億円)

■本日のまとめ

日経平均株価は、前日比+34円高の18823円で寄り付きました。

欧米株式市場が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、短期的な戻りを期待する買いが先行して小幅高で始まりました。その後は海外市場が今晩休みとなるため薄商いの中、前日終値をはさんでもみ合いましたが、ファーストリテイリングやハイテク関連の上げが指数を下支えして小幅プラスで引けました。

前場の日経平均株価は+22円高の18812円で取引を終了しました。

後場寄り付き後はしばらく前場終値近辺での小動きとなりましたが、その後はマイナス圏で推移し、小幅安の5日続落で終わりました。年末休暇を取る海外投資家が多く商いは閑散で、手掛かり材料難に加え、円高が重しとなる中、週末要因もあって持ち高整理売りに上値が重い展開となりました。

後場の日経平均株価はー20円安の18769円で取引を終了しました。

東証1部の業種別では、水産農林、保険、小売、医薬品、食料品、その他製品、精密機器が上昇している一方、電気ガス、鉄鋼、鉱業、銀行、卸売、機械、石油石炭、不動産、海運などが下落しています。

<個別銘柄>

日水が+14.3%上昇しました。
連日の急伸となっています。前日はストップ高比例配分となっていましたが、引き続きSMBC日興証券、みずほ証券の投資判断格上げが材料視されています。目標株価がそれぞれ、960円、910円と現値と比較して揃ってカイ離が大きいことから、水準訂正余地が大きいとの期待が買いを集めています。

三菱重工が−4.6%下落しました。
グループ会社の三菱航空機が開発を進める次世代のリージョナルジェット機MRJについて、試験工程から量産初号機の納入時期に至るまで、全体のスケジュール見直しを行った結果、納入時期を17年第2四半期から1年程度先に延期すると発表したことが嫌気されました。

東京電力が−6.7%下落しました。
東急電鉄に続いて、三菱商事とローソンが電力小売り参入との報道から業績悪化が連想され、関西電力などと同様に売られました。

売買代金上位銘柄では、日水、村田製作、小野薬、アルプス電、7&i、日本電産、任天堂、日本郵政などが上昇しています。

一方、東京電力、関西電力、ユニチカ、三菱重工、アイフル、新日鉄住金、JFE、NEC、住友商事、日立などが下落しています。

■上昇した業種上位3業種

 水産農林    +5.33%
 保険      +1.39%
 小売      +0.69%

 (7業種上昇)

■下落した業種上位3業種

 電気ガス    −3.37%
 鉄鋼      −2.14%
 鉱業      −1.69%
 

 (26業種下落)

■東証1部規模別動向

 大型株指数 −0.50%
 中型株指数 −0.44%
 小型株指数 −0.56%

■為替

 1ドル =120円10−16銭
 1ユーロ=131円70−78銭

■アジア市場の動き

 上海市場  +0.22%
 香港市場  休場

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

前引け速報 「5日ぶりに小反発」

レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
18823.91
(+34.22)
18812.18
(+22.49)



日経先物
(前日比)
18800.00
(-10.00)
18790.00
(-20.00)

TOPIX
(前日比)
1523.87
(+0.25)
1519.44
(-4.18)

日経JASDAQ
(前日比)
2580.98
(-3.01)
2572.81
(-11.18)

マザーズ
(前日比)
829.51
(-4.24)
828.06
(-5.69)

上海市場
(前日比)

3614.81
(+2.32)

  9:00 11:30   15:00








1位 水産農林 水産農林

-
2位 保険 保険
-
3位 パルプ紙 小売
-
4位 非鉄金属 医薬品
-
5位 金属製品 食料品
-





1位 電気ガス 電気ガス
-
2位 銀行 鉄鋼
-
3位 その他金融 銀行
-
4位 陸運 鉱業
-
5位 鉄鋼 卸売
-
  9:00 11:30   15:00
値上がり 763 594

-
値下がり 999 1238
-
変わらず 170 104
-
新高値 2 5
-
新安値 73 122
-
出来高
(前日同時刻比)
3.2億株
(-0.4億株)
9.7億株
(-0.5億株)
-
-
売買代金
(前日同時刻比)
2397 億円
(-843億円)
8248 億円
(-1478億円)
-
-

■前場のまとめ

日経平均株価は、前日比+34円高の18823円で寄り付きました。

欧米株式市場が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、短期的な戻りを期待する買いが先行して小幅高で始まりました。その後は海外市場が今晩休みとなるため薄商いの中、前日終値をはさんでもみ合いましたが、ファーストリテイリングやハイテク関連の上げが指数を下支えして小幅プラスで引けました。

前場の日経平均株価は+22円高の18812円で取引を終了しました。

東証1部の業種別では、水産農林、保険、小売、医薬品、食料品、精密機器、その他製品などが上昇している一方、電気ガス、鉄鋼、銀行、鉱業、卸売、海運、機械、石油石炭などが下落しています。

<個別銘柄>

日水が+13.7%上昇しました。
連日の急伸となっています。前日はストップ高比例配分となっていましたが、引き続きSMBC日興証券、みずほ証券の投資判断格上げが材料視されています。目標株価がそれぞれ、960円、910円と現値と比較して揃ってカイ離が大きいことから、水準訂正余地が大きいとの期待が買いを集めています。

三菱重工が−4.5%下落しました。
グループ会社の三菱航空機が開発を進める次世代のリージョナルジェット機MRJについて、試験工程から量産初号機の納入時期に至るまで、全体のスケジュール見直しを行った結果、納入時期を17年第2四半期から1年程度先に延期すると発表したことが嫌気されました。

売買代金上位銘柄では、日水、アルプス電、村田製作、さくらインター、日東電工、小野薬、7&i、日本電産などが上昇しています。

一方、三菱重工、関西電力、東京電力、JFE、NEC、新日鉄住金、住友商事、アイフルなどが下落しています。

■業種別動向

 業種別では、10業種が上昇し、23業種が下落しています。

■東証1部規模別動向

 大型株指数 −0.29%
 中型株指数 −0.23%
 小型株指数 −0.34%

■為替

 1ドル =120円18−24銭
 1ユーロ=131円65−73銭

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

寄付き速報 「小幅高で始まる」

■市況データ

  NYダウ
(アメリカ)
NASDAQ
(アメリカ)
DAX
(ドイツ)
FT100
(イギリス)
上海総合
(中国)
ドル/円 WTI原油
終値
前日比
騰落率
17552.17
-50.44
(-0.29 %)
5048.49
+2.56
(+0.05 %)
10727.64
0.00
(0.00 %)
6254.64
+13.66
(+0.22 %)
3612.490
-23.599
(-0.65 %)
120.38
-0.48
(-0.40 %)
38.10
+0.60
(+1.60 %)

米国市況 「NYダウ、S&Pは小幅に4日ぶり反落」

■米国市場のまとめ

NYダウはー50ドル安の17552ドルと、4日ぶりに小反落して取引を終了しました。

NYダウとS&Pは4日ぶりに反落、ナスダック総合指数は4日続伸しましたが、クリスマスの祝日を前にした短縮取引のため薄商いでした。

市場参加者の多くがクリスマス休暇を取得したこともあり、積極的な売買が見送られ、朝方に発表された週間の新規失業保険申請件数は季節調整済みで26万7000件と市場予想平均の27万件を下回り、原油先物相場の上昇にもかかわらず、戻りの鈍い石油株の動向が先行き不安を映し出しています。

なおドイツ市場は休場でした。

ダウ構成銘柄では、デュポン、ウォルト・ディズニー、アメリカンエキスプレス、ジョンソン エンド ジョンソン、ファイザーなどが上昇しました。

一方、シェブロン、ナイキ、エクソンモービル、キャタピラー、アップル、ベライゾン、ウォルマートなどが下落しました。

■S&P500セクター別騰落

 上昇:1セクター、下落:9セクター

【上昇上位】

 ヘルスケア +0.10%
 

【下落上位】

 エネルギー −0.91%
 電気通信  −0.40%
 一般消費財 −0.26%

■CME日経平均先物(円建て)

 18800 大証比−10円

■寄付前の外国証券成行注文状況

 
株数ベースで

売り  350万株

買い  310万株

差引   40万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。


レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
18823.91
(+34.22)




日経先物
(前日比)
18800.00
(-10.00)


TOPIX
(前日比)
1523.87
(+0.25)


日経JASDAQ
(前日比)
2580.98
(-3.01)


マザーズ
(前日比)
829.51
(-4.24)


上海市場
(前日比)



  9:00 11:30   15:00








1位 水産農林
-


-
2位 保険
-
-
3位 パルプ紙
-
-
4位 非鉄金属
-
-
5位 金属製品
-
-





1位 電気ガス
-
-
2位 銀行
-
-
3位 その他金融
-
-
4位 陸運
-
-
5位 鉄鋼
-
-
  9:00 11:30   15:00
値上がり 763
-


-
値下がり 999
-
-
変わらず 170
-
-
新高値 2
-
-
新安値 73
-
-
出来高
(前日同時刻比)
3.2億株
(-0.4億株)
-
-
-
-
売買代金
(前日同時刻比)
2397 億円
(-843億円)
-
-
-
-

寄付き速報 「小幅高で始まる」

■全体の動き

日経平均株価は、前日比+34円高の18823円で寄り付きました。

欧米株式市場が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、買いが先行して小幅高で始まりました。ここ4営業日続落で下げ幅は合計560円以上に達している反動もあって短期的な戻りを期待する買いが入ったようです。
ただその後は勢いに欠け、小幅なもみ合いとなっています。

東証1部の業種別では、水産農林、保険、パルプ紙、非鉄金属、金属製品、建設などが上昇している一方、電気ガス、銀行、その他金融、陸運、鉄鋼、不動産、空運などが下落しています。

■業種別動向

 業種別では33業種中、21業種が上昇、12業種が下落しています。

■東証1部規模別動向

 大型株指数 −0.16%
 中型株指数 −0.24%
 小型株指数 −0.21%

■為替

 1ドル =120円20−26銭
 1ユーロ=131円81−88銭

有料会員サービスのお申し込み

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。