トップ市況速報2015年12月17日の市況速報

市況速報

2015年12月17日の市況速報

≫バックナンバーを見る

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

大引け速報 「大幅続伸も引けにかけて伸び悩む」

レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
19364.57
(+314.66)
19486.78
(+436.87)


19353.56
(+303.65)
日経先物
(前日比)
19410.00
(+320.00)
19480.00
(+390.00)
19340.00
(+250.00)
TOPIX
(前日比)
1565.95
(+25.23)
1575.39
(+34.67)
1564.71
(+23.99)
日経JASDAQ
(前日比)
2648.38
(+11.31)
2653.90
(+16.83)
2656.34
(+19.27)
マザーズ
(前日比)
894.40
(+7.63)
896.57
(+9.80)
893.19
(+6.42)
上海市場
(前日比)

3574.50
(+58.31)
3575.13
(+58.94)
  9:00 11:30   15:00








1位 保険 保険

水産農林
2位 ゴム 電気ガス 不動産
3位 機械 ゴム 食料品
4位 不動産 食料品 陸運
5位 パルプ紙 不動産 保険





1位 鉱業
-
鉄鋼
2位
-
-
-
3位
-
-
-
4位
-
-
-
5位
-
-
-
  9:00 11:30   15:00
値上がり 1738 1700

1589
値下がり 97 141 251
変わらず 90 84 88
新高値 26 46 54
新安値 1 5 5
出来高
(前日同時刻比)
3.8億株
(+0.4億株)
10.9億株
(0.0億株)
22.4億株
(+1.2億株)
売買代金
(前日同時刻比)
4072 億円
(+669億円)
13219 億円
(+1035億円)
27809 億円
(+2516億円)

■本日のまとめ

日経平均株価は、前日比+314円高の19364円で寄り付きました。

16日の米株式相場は金融市場で今年最大のイベントといえる9年半ぶりの利上げを乗り切った格好となり、大幅に3日続伸し、CME日経先物も19320円と前日比+230円高で終わっていましたので、これにさや寄せする形で、大幅続伸して始まりました。
その後も強含んだもみ合いに終始し、高値では前日比+457円高の19507円と7営業日ぶりに19500円台を回復する場面も見られました。

前場の日経平均株価は前日比+436円高の19486円で取引を終了しました。

後場は外国為替市場で昼ごろまで進行していた円安が午後になって一服したことで輸出関連に利益確定売りが出て上値を重くしました。
米金融政策に対する不透明感は後退しているものの、海外原油市況の下値不安はなお残るうえ、年末に接近していることから一気に上値を買い上げる動きにも乏しくなっています。また後場の安値は19325円と前場の安値を下回りました。

東証1部の業種別では、水産農林、不動産、食料品、陸運、保険、電気ガス、ゴム、医薬品、小売などが上昇しています。

一方、鉄鋼だけが下落しました。

<個別銘柄>
住友金属鉱山が+4.9%上昇しました。
クレディ・スイス証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価も1400円から1700円に引き上げたことが材料視されています。株価と相関性が非常に高いニッケル市況は、ニッケル鉱石の主要産出国であるフィリピンの雨季による供給減少の影響で11−12月から翌年6月までは上昇しやすい傾向にあると指摘しています。

TDKが−4.0%下落しました。
米国市場でアップルが下落した流れを受けて電子部品関連が全般的に軟調となりました。また円安進行が一服したため輸出関連株には売りが出ました。

売買代金上位銘柄では、住友鉱、エーザイ、楽天、ダイキン工、東京電力、三井不動、三菱地所、JT、ソニー、武田薬などが上昇しています。

一方、TDK、、三菱重工、村田製作、日東電工、日本電産、東京エレク、NTTなどが下落しています。

■上昇した業種上位3業種

 水産農林    +2.89%
 不動産     +2.84%
 食料品     +2.66%
      
 (32業種上昇)

■下落した業種上位3業種

 鉄鋼      −0.08%
 

 (1業種下落)

■東証1部規模別動向

 大型株指数 +1.43%
 中型株指数 +1.74%
 小型株指数 +1.76%

■為替

 1ドル =122円42−46銭
 1ユーロ=132円88−93銭

■アジア市場の動き

 上海市場  +1.68%
 香港市場  +0.53%

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

前引け速報 「一時7営業日ぶり19500円台乗せ」

レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
19364.57
(+314.66)
19486.78
(+436.87)



日経先物
(前日比)
19410.00
(+320.00)
19480.00
(+390.00)

TOPIX
(前日比)
1565.95
(+25.23)
1575.39
(+34.67)

日経JASDAQ
(前日比)
2648.38
(+11.31)
2653.90
(+16.83)

マザーズ
(前日比)
894.40
(+7.63)
896.57
(+9.80)

上海市場
(前日比)

3574.50
(+58.31)

  9:00 11:30   15:00








1位 保険 保険

-
2位 ゴム 電気ガス
-
3位 機械 ゴム
-
4位 不動産 食料品
-
5位 パルプ紙 不動産
-





1位 鉱業
-
-
2位
-
-
-
3位
-
-
-
4位
-
-
-
5位
-
-
-
  9:00 11:30   15:00
値上がり 1738 1700

-
値下がり 97 141
-
変わらず 90 84
-
新高値 26 46
-
新安値 1 5
-
出来高
(前日同時刻比)
3.8億株
(+0.4億株)
10.9億株
(0.0億株)
-
-
売買代金
(前日同時刻比)
4072 億円
(+669億円)
13219 億円
(+1035億円)
-
-

■前場のまとめ

日経平均株価は、前日比+314円高の19364円で寄り付きました。

16日の米株式相場は金融市場で今年最大のイベントといえる9年半ぶりの利上げを乗り切った格好となり、大幅に3日続伸し、CME日経先物も19320円と前日比+230円高で終わっていましたので、これにさや寄せする形で、大幅続伸して始まりました。
その後も強含んだもみ合いに終始し、高値は前日比+457円高の19507円と7営業日ぶりに19500円台を回復する場面も見られました。

前場の日経平均株価は前日比+436円高の19486円で取引を終了しました。

東証1部の業種別では、保険、電気ガス、ゴム、食料品、不動産、陸運、医薬品、水産農林、機械など全業種が上昇しています。

<個別銘柄>
住友金属鉱山が+5.6%上昇しました。
クレディ・スイス証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価も1400円から1700円に引き上げたことが材料視されています。株価と相関性が非常に高いニッケル市況は、ニッケル鉱石の主要産出国であるフィリピンの雨季による供給減少の影響で11−12月から翌年6月までは上昇しやすい傾向にあると指摘しています。

 
TDKが−2.8%下落しました。
米国市場でアップルが下落した流れを受けて電子部品関連が全般的に軟調となっています。

売買代金上位銘柄では、住友鉱、エーザイ、ダイキン工、ソニー、楽天、東京海上、コーセー、東京電力、第一生命などが上昇しています。

一方、TDK、、アルプス電、村田製作などが下落しています。

■業種別動向

 業種別では33業種中、全業種が上昇しています。

■東証1部規模別動向

 大型株指数 +2.29%
 中型株指数 +2.22%
 小型株指数 +2.09%

■為替

 1ドル =122円56−60銭
 1ユーロ=133円03−08銭

寄付き速報 前引け速報 大引け速報

寄付き速報 「米利上げ通過受け大幅続伸で始まる」

■市況データ

  NYダウ
(アメリカ)
NASDAQ
(アメリカ)
DAX
(ドイツ)
FT100
(イギリス)
上海総合
(中国)
ドル/円 WTI原油
終値
前日比
騰落率
17749.09
+224.18
(+1.28 %)
5071.13
+75.77
(+1.52 %)
10469.26
+18.88
(+0.18 %)
6061.19
+43.40
(+0.72 %)
3516.190
+5.840
(+0.17 %)
122.21
+0.52
(+0.43 %)
35.52
-1.83
(-4.90 %)

米国市況 「9年半ぶり利上げも大幅3日続伸」

■米国市場のまとめ

NYダウは+224ドル高の17749ドルとなりました。

16日の米株式相場は金融市場で今年最大のイベントといえる米利上げを乗り切った格好となり、大幅高となりました。
連邦公開市場委員会(FOMC)は7年に及んだ事実上のゼロ金利政策に幕を閉じ、9年半ぶりの利上げに踏み切りましたが、米国経済は緩やかなペースでの将来の利上げに耐えられる強さを備えているとの認識を市場に示し、これを受けて大幅に3日続伸しました。
ダウ構成銘柄ではゴールドマンサックス、GE、JPモルガンチェース、メルク、ベライゾン、ユナイテッドテクノロジーズ、ナイキ、コカコーラなどが上昇する一方デュポン、エクソンモービルが下落しました。

■S&P500セクター別騰落

 上昇:9セクター、下落:1セクター

【上昇上位】

 公益事業     +2.56%
 電気通信     +2.03%
 生活必需品    +1.98%

【下落上位】

 エネルギー    −0.51%
 

■CME日経平均先物(円建て)

19320円 大証比+230円

■寄付前の外国証券成行注文状況

売り 1620万株

買い 1590万株

差引   30万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。


レポート本文へ飛ぶ≫

  9:00 11:30   15:00
日経平均
(前日比)
19364.57
(+314.66)




日経先物
(前日比)
19410.00
(+320.00)


TOPIX
(前日比)
1565.95
(+25.23)


日経JASDAQ
(前日比)
2648.38
(+11.31)


マザーズ
(前日比)
894.40
(+7.63)


上海市場
(前日比)



  9:00 11:30   15:00








1位 保険
-


-
2位 ゴム
-
-
3位 機械
-
-
4位 不動産
-
-
5位 パルプ紙
-
-





1位 鉱業
-
-
2位
-
-
-
3位
-
-
-
4位
-
-
-
5位
-
-
-
  9:00 11:30   15:00
値上がり 1738
-


-
値下がり 97
-
-
変わらず 90
-
-
新高値 26
-
-
新安値 1
-
-
出来高
(前日同時刻比)
3.8億株
(+0.4億株)
-
-
-
-
売買代金
(前日同時刻比)
4072 億円
(+669億円)
-
-
-
-

寄付き速報 「米利上げ通過受け大幅続伸で始まる」

■全体の動き

日経平均株価は、前日比+314円高の19364円で寄り付きました。

16日の米株式相場は金融市場で今年最大のイベントといえる9年半ぶりの利上げを乗り切った格好となり、大幅に3日続伸しました。
CME日経先物も19320円と前日比+230円高で終わっていましたので、これにさや寄せする形で、大幅続伸して始まりました。
その後は9日以来約1週間ぶりに19400円台を回復する場面も見られました。

東証1部の業種別では、保険、ゴム、機械、不動産、パルプ紙、非鉄金属、化学、電気機器、銀行などが上昇している一方、鉱業だけが下落しています。

■業種別動向

 業種別では33業種中、32業種が上昇、1業種が下落しています。

■東証1部規模別動向

 大型株指数 +2.08%
 中型株指数 +1.85%
 小型株指数 +1.64%

■為替

 1ドル =122円38−42銭
 1ユーロ=133円19−24銭

無料メールマガジン

イチ押しリポート

市場速報

ケンミレ・アイ

ケンミレ通信

to top

有料会員サービスのお申し込み