トップ転換測定ソフトのコメント

転換測定ソフトのコメント

≫バックナンバーを見る

2018/12/01 04:25

9 pt すごくいいねいいね

前場
日経平均は今日で6連続上昇となります。11月22日から上昇し続けているのですが、5段階の33業種チェックでは余り大きな動きにはなっていません。
しかし、13段階チェックに変えますと、様相は一変します。ずっと底値に5業種がはりついていましたが、昨日から底値圏の業種がゼロになっています。
高値圏の業種はまだありませんが、このまま上昇すれば高値圏の業種も1-2業種でてきそうです。


2018/11/27 2回目 21:13

6 pt すごくいいねいいね

★転換測定ソフトと転換予測ソフトの動きから、買いタイミングを捜すレポート

大引け
◆転換予測ソフトから
中〜底の4業種が、明日下がれば底値圏になります。中位圏の6業種が明日下がれば中〜底値圏になります。そうしますと、底値が5業種から9業種へ、中〜底が9業種から11業種へ、中位圏が13業種から7業種に減って、再びピンクの帯は中〜底と底値圏になります。

◆転換測定ソフトから
もし相場が下がった時には、今度は転換測定ソフトの色に注目します。赤やピンクから水色や青に変わる株価指数がでてくるか、更に水色や青が増えるのかを注目します。

前回の11月9日の高値は22500円、今日のナイト取引の先物は22000円乗せと、まだレンジ内の動きとなっています。

これが上に上昇すれば「買いタイミングはお預け」となり、下に下落しますと「買いタイミングが近づいてくる」事になります。


33業種チェックと転換測定ソフトから買いすタイミングを捜すトライは、このソフトリリースから2回買いタイミングが出て、2回とも成功していますので、会員の方は「この測定と予測のレポート」を注目しています。


2018/11/27 1回目 12:35

6 pt すごくいいねいいね

★転換測定ソフトの動きと33業種チェックの動きから見た、今の株式市場展望

前引け
中位圏から高値〜中位圏に代わる業種は4業種、中位〜底値圏から中位圏に代わる業種が4業種と、株式市場が上がれば8業種が上に動きます。

そうしますと、ピンクの帯は中位圏と高値〜中位圏へと動くことになります。

転換測定ソフトのピンクが5つあります。この五つが赤に変わり、ピンクの帯が言う側に変わりますと、相場は天井を打って下落に転換する可能性が高くなります。

◆転換測定ソフトのピンクが赤に変り、33業種チェックのピンクの帯が上側に移ると「相場が下落に転じる」タイミングが近付いているということになります。


前ページへ|次ページへ
ケンミレ・アイ
M氏の新進気鋭レポート
成長株大ちゃんのイキがりレポート