トップ起き上がり小法師(Growing up) 〜ヤリのお得レポート〜

起き上がり小法師(Growing up) 〜ヤリのお得レポート〜

≫バックナンバーを見る

2018/09/28 2回目 13:25

24 pt すごくいいねいいね

【9月28日 日経平均株価後場寄り付き】

後場寄り付きの日経平均株価は13時17分時点では前日より276円21銭高い、24,072円95銭です。

@東京市場の昼休み中に日経平均先物が一時24,290円まで上昇
→現物株の買いへ影響を及ぼしたとの見方です。

A利益確定売り
→これが上値の重荷になっているとの見方もあります。

以上二点が影響しています。


2018/09/28 1回目 09:29

9 pt すごくいいねいいね

【9月28日 日経平均株価前場寄り付き】

28日の日経平均株価は9時20分時点では前日より249円89銭高い、24,046円63銭と反発しています。
前日のレポートに書いた相場の短期的な上昇への警戒が上値を圧迫している模様ですが、米株高や円安が追い風になっているとの見方です。

@外国為替市場で円安ドル高
→8時48分時点では1ドル=113円36銭です。
27日の米利上げ継続路線が改めて意識されている見方です。この結果、輸出関連株が業績改善期待から買いが先行している模様です。

◆ケンミレ株式情報 経済指標
https://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=y

以上が影響しています。


2018/09/27 2回目 17:02

7 pt すごくいいねいいね

【9月27日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は前日よりも237円5銭安い、23,796円74銭で大引けを迎えました。

●それでは前場からの本日の流れを見ていきましょう。
27日の日経平均株価は9時28分時点では前日から105円50銭安い、23,928円29銭でした。

@円高・ドル安が進行
→8時49分時点では1ドル=112円73銭でした。
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が影響していたとの見方です。また、輸出関連株に売りが先行していた模様です。

A前日まで日経平均が続伸
日経平均は前日まで8日続伸し24,000円台をつけました。それに関して利益確定の売りも出ていたとの見方もありました。

◆ケンミレ株式情報 経済指標
https://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=y

●後場寄り付き
後場寄り付きの日経平均株価は下げ幅を広げました。

@利益確定売り
→短期的な上昇を警戒した売りが国内外の投資家から出ていたとの見方でした。

A中国・上海株や香港株が軟調に推移
→日本株の買い手控えにつながっていたとの見方です。

●大引け
27日の日経平均株価は9営業日ぶりに反落しました。

@短期的な上昇を警戒したl国内外の投資家が売りが出た

A中間期末接近に伴う売りが出たとの見方

B日米首脳会談の影響
→日経平均は午前に上昇する場面もありました。米政府が輸入自動車への追加関税を当面発動しない見通しになりました。この結果、北米市場への依存度が高い自動車関連株に買いが入った模様です。

以上の三点が影響しています。


2018/09/27 1回目 09:42

6 pt すごくいいねいいね

【9月27日 日経平均株価前場寄り付き】

27日の日経平均株価は9時28分時点では前日から105円50銭安い、23,928円29銭です。

@円高・ドル安が進行
→8時49分時点では1ドル=112円73銭です。
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が影響しているとの見方です。輸出関連株に売りが先行している模様です。

A前日まで日経平均が続伸
日経平均は前日まで8日続伸し2万4000円台をつけました。それに関して利益確定の売りも出ているとの見方もあります。

◆ケンミレ株式情報 経済指標
https://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=y

以上の二点が影響しています。


2018/09/26 3回目 16:17

18 pt すごくいいねいいね

【9月26日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日の日経平均株価は前日から93円53銭高い、24,033円79銭で大引けを迎えました。

●それでは前場からの今日の流れを見ていきましょう

●前場寄り付き
26日の日経平均株価前場寄り付きは下落に転じました。9時18分時点では前日よりも64円44銭安い、23,875円82銭でした。

@3月期決算企業などの配当の権利落ち日
→配当落ちの影響が日経平均を下押ししている模様です。また、前週末までの短期的な上昇が意識されており、買いが控えられていたとの見方もあります。

A外国為替市場で円安ドル高
→円相場が8時501分時点では1ドル=112円96銭です。25日に米長期金利が一時3.11%まで上昇したことが影響し、日米の金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが先行している模様です。これが好感した買いも入り、下値は限られていたとの見方があります。

●後場寄り付き
後場の日経平均株価は前場寄り付きからは一転し、上昇しています。13時54分時点では前日よりも39円31銭高い、23,979円57銭です。

@中国・上海株式相場が上昇

A株価指数先物に断続的な買い
→現物株指数を押し上げた模様です。

B節目の24,000円
→個人投資家などの利益確定売りが増え、相場の重荷となっていたとの見方があります。

●大引け
@外国為替市場での円安・ドル高基調

A3月期決算企業などの配当の権利落ち日
→権利落ち分の影響で日経平均は前場に下げる場面もありましたが、株価指数先物に配当再投資に絡む機関投資家の買いが入り相場を支えたとの見方です。

B中国・上海などアジアの株式相場がおおむね堅調

以上の三点が影響しています。


2018/09/26 2回目 13:59

9 pt すごくいいねいいね

【9月26日 日経平均株価後場中ごろ】

後場の日経平均株価は前場寄り付きからは一転し、上昇しています。13時54分時点では前日よりも39円31銭高い、23,979円57銭です。

@中国・上海株式相場が上昇

A株価指数先物に断続的な買い
→現物株指数を押し上げた模様です。

B節目の24,000円
→個人投資家などの利益確定売りが増え、相場の重荷となっているとの見方があります。

以上の三点が影響しています。


2018/09/26 1回目 09:25

6 pt すごくいいねいいね

【9月26日 日経平均株価前場寄り付き】

26日の日経平均株価前場寄り付きは、下落に転じています。9時18分時点では前日よりも64円44銭安い23,875円82銭です。

@3月期決算企業などの配当の権利落ち日
→配当落ちの影響が日経平均を下押ししている模様です。また、前週末までの短期的な上昇が意識されており、買いが控えられているとの見方もあります。

A外国為替市場で円安ドル高
→円相場が8時501分時点では1ドル=112円96銭です。25日に米長期金利が一時3.11%まで上昇したことが影響し、日米の金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが先行している模様です。これが好感した買いも入り、下値は限られているとの見方があります。

以上の二点が影響しています。


2018/09/25 2回目 15:45

13 pt すごくいいねいいね

【日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は前週末より70円33銭高い、23,940円26銭で大引けを迎えました。

●それでは今日の前場からの流れを見ていきましょう

●前場寄り付き
25日の日経平均株価は9時25分時点では先週末より、28円84銭安い、23,841円9銭と、三連休明けの前場寄り付きは、小幅下落に転じていました。

@米株式市場でダウ工業株30種平均が下落
→利益確定の売りが先行したとの見方です。

A3、9月期決算銘柄の配当権利取り狙い買い
→@が影響した売りと、Aが影響した買いが入り混じっていた模様です。

●後場寄り付き
日経平均株価の後場寄り付きは前週末日よりも30円程度高い、23,900円前後で推移していました。

@3月期決算企業の中間配当取り狙いの買い

A重要イベントを控えている
25、26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、27日に日米首脳会談を控えていますので結果を見定めたいとの投資家が多いとの見方です。

・米連邦公開市場委員会(FOMC)
アメリカの金融政策を決定する会合。現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表される。株式市場や為替レートが大きく影響を及ぼすことがある。

●大引け
3連休明けの日経平均株価は続伸しました。これで先週末から数えて7日連続の上昇です。

@3月期決算企業の中間期末の権利付き最終売買日
→配当再投資を目的とした先回り的な買いが優勢だった模様です。

A外国為替市場での円安・ドル高傾向

B重要イベントを控えている
→後場の寄り付きにも記載しました通り、25、26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、27日に日米首脳会談を控えていますので結果を見定めたいとの投資家が多いとの見方から積極的な買いは見送られた模様です。

以上三点が影響しています。


2018/09/25 1回目 09:29

3 pt すごくいいねいいね

【9月25日 日経平均株価前場寄り付き】

25日の日経平均株価は9時25分時点では先週末より、28円84銭安い、23,841円9銭です。

三連休明け、小幅下落に転じています。

@米株式市場でダウ工業株30種平均が下落
→利益確定の売りが先行したとの見方です。

A3、9月期決算銘柄の配当権利取り狙い買い
→@が影響した売りと、Aが影響した買いが入り混じっている模様です。

以上の二点が影響しています。


2018/09/21 2回目 15:35

15 pt すごくいいねいいね

【9月21日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は前日より195円高い、23,869円93銭で大引けを迎えました

●それでは前場からの今日の流れを見ていきましょう。

●前場寄り付き
21日の日経平均株価前場寄り付きは、9時14分時点では前日から129円27銭高い、23,804円20銭と続伸しました。

@20日の米ダウ工業株が過去最高値を更新
→本日更新されたバーズアイにも書かれていましたが、S&P500種も過去最高値を更新しました。

◆明日の投資戦略(バーズアイ)★NYダウもS&P500種も過去最高値を更新 9月21日更新
http://www.miller.co.jp/applications/cgi-bin/CV00opin/pst/01/CV00opin_pst_01.kmh?_hps=off&p_kbn=0&cat_id=33#list33_1_986

A外国為替市場で円相場が下落
→輸出関連株など幅広い銘柄に買いが先行した模様です。

●後場寄り付き
後場寄り付きの日経平均株価は前日から、240円程度高い2万3900円台前半で推移していました。

@24日の閣僚級の日米貿易協議(FFR)、26日の日米首脳会談
→週明けにビックイベントが控えており、推移を見極めたいとの雰囲気がでており、上値を抑えているとの見方でした。

A利益確定を目的とした売り
→今回が急騰に近いような相場上昇であり、さらに明日から3連休を控えているので、それも影響しているようです。

●大引け
21日の日経平均株価は6日続伸しましたが、また、後場寄り付きに書いたように、上値を抑えるような局面もありましたので、前述したような終値となっている模様です。

@20日の米ダウ工業株30種平均が過去最高値を更新。

A1ドル=112円台後半まで円安ドル高が進行

B中国・上海総合指数などアジア株が軒並み上昇

以上の三点が影響しています。


前ページへ|次ページへ
バーズアイ
ヤリのお得レポート
リリースNOW!

to top