トップリリース

リリース

≫バックナンバーを見る

2018/04/12 19:08

1 pt すごくいいねいいね

★「ハイパーインデックス」に新たに8つのテーマを追加しました(会員向け)★

有料ソフト「ハイパーインデックス(インデックス一覧コース)」に、
「マイナンバー」、「リチウムイオン電池」、「人工知能」、「ロボット」、「自動運転」、「働き方改革」、「サイバー防衛」、「仮想通貨」という8つのテーマを追加しました。

いずれも現在大きく注目されているテーマですので、ぜひご活用ください。


2018/04/09 18:49

16 pt すごくいいねいいね

★★コロンブス・エッグ投資とシンプル割安投資に「一覧表をカスタマイズ」機能を追加しました。(会員向け)

「シンプル割安株投資」の銘柄一覧表、売買値サーチ、運用モードと「コロンブス・エッグ投資」のダイヤモンド銘柄一覧表、売買値サーチ、先行・連動・遅行判定ソフト、運用モードに「一覧をカスタマイズ」の機能を追加しました。

「一覧をカスタマイズ」のボタンをクリックすると、「平均上昇率」「平均上昇日数」「買い残高減少率」「空売り残高比率」と「ストップ高上昇率」を自由に表示することをできますようになりました。

表示させたい項目をカスタマイズすることもできますし、使いこんでいくと自分が見やすく、管理しやすいものになりますから、どんどん使ってみてください。


2018/03/14 11:48

9 pt すごくいいねいいね

★高値ロスカットソフトをリリースします(会員向け)★

これまで高値ロスカットは波動認定ソフトと売りたいシグナルから登録出きましたが、ソフトから銘柄を抽出して登録するのではなく、自分が直接見つけた銘柄でも高値ロスカットが出来ればよいということで、単独で「高値ロスカットを登録出き、管理出来るソフト」を開発しました。

高値ロスカットの機能は「三つ」あります。
(1) 最高値まで待てる使い方
転換点で買って、高値ロスカットを10%で設定した時、10%下がらなければ「上昇している間、持ち続ける」ことになりますので、転換点は上昇率が大きいので、倍になるかもしれないという夢を持つ事ができます。

(2) 売り損なっても利益を出せる使い方
買った後に30%上昇した時に売り切れず、下ってしまって失敗をする人は多いと思います。高値ロスカット10%で設定してあれば、高値30%から10%下ったところでシグナルが点灯しますので、買値から20%上がったところで売る事ができます。つまり、売り損なった失敗をカバーしてくれます。

(3) 損切りとなっても損失を減らせる使い方
買ってから5%上がったところで天井を打って下落に転じた時、高値ロスカットで設定してあれば、損失は5%です。高値近辺でつい買ってしまった場合でも、買ったあとに「少しでも上がって」くれれば「上昇下分だけ損失を減らす」ことが出来ます。

以上の三つの機能があります。思った以上に便利なソフトになりましたので、まず1回、使ってみてください。


2018/03/01 16:06

14 pt すごくいいねいいね

無料会員サイトの入り口を作りました

無料ソフト会員になって、IDとパスワードが来た時、会員サイトの入り口から入ろうとして、入れない事から沢山の「入れないメール」が来ました。

大変、申し訳ありませんでした。

本日、サイトのトップ右上に「無料会員サイト」の入り口を作りましたので、これからはそこから入ってください。


2018/02/28 23:13

5 pt すごくいいねいいね

★IPO劇場は2018年2月28日をもって提供中止となりました。

面白い企画と思って、自信満々でスタートしたIPO劇場でしたが、IPO銘柄不足もあり、この場所を占領するだけの支持が出なかったことで、残念ながら2018年2月28日をもって中止することになりました。

一部のファンの方には申し訳ない事ですが、更に投資家にとって良いコンテンツを提供していく事でご了承いただきたいと思っています。


2018/01/18 16:45

30 pt すごくいいねいいね

★1月17日のオンラインセミナー動画をアップしました

年明けから、投資ソフトの機能を追加していますので、
追加した機能の使い方を中心にお話しました。

また、個別銘柄のチャートチェックを行いました。

 ▼チェックした銘柄
  ・日立(6501)
  ・サイバネットシステム(4312)
  ・シンフォニアテクノロジー(6507)


▼▼▼  1月17日のオンラインセミナー動画   ▼▼▼

  【コロンブス・エッグ投資 実践セミナー 第3回】
 
http://miller.co.jp/movie/semina_0117_01.html?_hps=off&from=top20180117_2200?_hps=off&from=mail
              
          
   再生時間:1時間17分

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2018/01/17 2回目 17:56

58 pt すごくいいねいいね

★★無料会員の高機能チャートUがダイレクトに開くようになりました

無料ソフト会員が高機能チャートを使う時に、二回クリックしなければならなかったのですが、本日、1回のクリックで無料会員の高機能チートUが開くようになりました。


2018/01/17 1回目 13:45

8 pt すごくいいねいいね

★本日14時からオンラインセミナーを開催します。


▼今回のセミナー内容

 1.これからの投資戦略
 2.日経平均が24,000円に近づいたことで、銘柄の待ち伏せ価格の探し方が変わりましたので
   改めて 解説します
 3.コロンブスエッグ投資以外の投資方法について
 4.上書きチャートの予測ボタンの使い方 


□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 こちらのページからご視聴ください。
 http://miller.co.jp/onlineseminar/user.html?_hps=off&from=mail

□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□


セミナー中に沸いた疑問を、セミナー中に質問する事が出来ます。

多くの質問につきましてはセミナー中に回答していきますが、分からない場合はあとで
株式市況バーズアイでお答えします。



★インターネットエクスプローラーをお使いの方へ

インターネットエクスプローラーをお使いの場合、オンラインセミナーを視聴することができません。

そのため、「グーグルクローム」をお使いください。

グーグルクロームのインストールはこちら
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/


2018/01/16 16:14

8 pt すごくいいねいいね

★★3つのレポートにヒストリカルデータを付けました★★
今日で6日連続のリリースになります。何時までもつづくことは有りませんが、出来るだけいろんな人の意見を聞いて、サイトソフトを改善し続けていきたいと思っています。

【今日のリリース】
今年から正式にスタートした「株式市況バーズアイ」「リリースなう」「人人知道」の三つのレポートですが、これまで過去のレポートのデータ(ヒストリカルデータ)がありませんでした。

本日、三つのレポートとも「ヒストリカルデータ」をアップしました。

どんなモノをリリースしているのかは「リリースなうのヒストリカルデータ」で、
他の会員の方はどんな質問をしているのかを知りたい時は「人人知道のヒストリカルデータ」で、
毎日の株式市況と相場環境・政治・経済環境の分析などは「株式市況バーズアイのヒストリカルデータ」をご覧ください。


2018/01/15 16:55

6 pt すごくいいねいいね

★★33業種チェックにJASDAQとマザーズが加わりました★★

これまで33業種をチェックして相場の動きを知り、相場が本格的に下がりだしたら「買いたい銘柄と買いたい価格を登録」して、何時でも買い出動できるようにしていました。

ケンミレは東証一部が投資対象でしたが、2018年からは「東証二部」「JASDAQ」「マザーズ」も投資対象市場にする事にし、まずは33業種チェックの東証二部版を作りましたが、
本日はJASDAQとマザースの33業種チェック(33業種ではありません。ソフトの名前と思ってください)ソフトをリリースしました。

◆33業種チェックとは何か
業種のインデックスを作り、インデックスごとに「高値圏にあるのか」「高値・中位圏にあるのか」「中位圏にあるのか」「中・低位圏にあるのか」「低位圏にあるのか」をチェックします。

そうしますと、高値圏の業種が何業種で、高値・中位圏の業種が何業種で、中位圏の業種が何業種というように、五段階の「どのレンジに何業種が入っているか」が分かります。

高値圏の業種が多ければ相場は高値圏で推移していることになりますので、新規に買ってはいけないと分かります。

そして徐々に高値圏の業種が無くなって、高値・中位圏が増加し、続いて中位圏が増加し、最後に中・低位圏が増加し、低位圏の業種も出始めたという段階になりますと、相場の転転換が近づいているので、何時転換しても大丈夫なように「買いたい銘柄」と「買いたい価格」を準備しましょうというシグナルと受け止めます。

このソフトをこれまでは東証一部だけでしたが、今回のJASDAQとマザーズの完成によって、すべての市場で33業種チェックが出来るようになりました。

まずは習うより慣れろですから「トライ」してみてください。

◆33業種チェックにメモ欄を加え、更に12指標を追加して、転換点探しの武器にし、12指標についてもメモを書いて頭の整理をしていただき、12指標については「今日の数値」だけでなく、過去の数値を「グラブ」でも見れるようにしました。

これで33業種チェックのソフトは完成しましたので、これからは別のソフトに移ります。

これで5日連続で、リリースなうを更新しています。


前ページへ|次ページへ
株式市況
リリースなう
人人知道
同じようなこを考えている方が居るかも知れませんので、8つ全てに回答しました。

to top