日経平均株価

(07/28 終値)

16476.84 -187.98

NYダウ

(07/27 終値)

18472.17 -1.58

上海総合

(07/28 終値)

2994.320 +2.320

DAX

(07/27 終値)

10319.55 +71.79

ドル/円

(07/28 17:22)

104.71 -0.68

勝っている投資家はどうやってる?

明日の投資戦略を考える「グッディー目線」

今日のグッディーレポートの肝はここ

Yの視点

相場転換のシグナルは銘柄数増加

株式市場が下がってくると「会員向け株ソフトの抽出銘柄数」が増えてきます。
そして、銘柄数が一定数以上増加しますと株式市場は下落から上昇に転換します。銘柄数をチェックして、何銘柄ぐらいまで増えると相場が転換するかを見つけてみてください。

■会員向け株ソフトの抽出銘柄数

2016/7/28 大引け 7/22 7/25 7/26 7/27 7/28
最適指標銘柄探しソフト 41 64 86 87 116
割安市場銘柄探しソフト 0 0 2 2 6
そっくり銘柄探しソフト(日経連動) 70 78 150 69 110

■代表的な指標で相場の転換点を探す

2016/7/28 大引け 7/22 7/25 7/26 7/27 7/28
日経平均のサイコロジカルライン(12日) 58.33% 58.33% 46.67% 66.67% 53.33%
新高値銘柄数(一般) 31 47 23 42 37
新安値銘柄数(一般) 5 1 5 4 12
GI抵抗ライン:グッドイシューの「会員向高機能チャート」は、株価が下げ止まる可能性の高いラインをボタン1つで表示する事ができます。

勝者になる為の3つの手法

グッドイシューの診断ソフト

あなたの投資スタイルを診断します

あなたは「負けない投資家」になれる自信がありますか?ここでは自分に合った投資スタイルと伸ばしたらいい部分がわかります。自分のスタイルで「負けない投資家」になる第一歩を踏み出しましょう!

スタイル診断を受ける

投資計画の建て方がわかります

日本は世界一の長寿国です。「旅行や趣味を楽しんで、夫婦二人でゆとりのある将来を楽しむには退職金や年金では足りない」と、ならないように将来のためにいくら必要なのか知って財産構築の目標を決めましょう!

投資生活を設計する

無料メールマガジン

有料会員サービスのご案内

サービス内容紹介

銘柄探しソフト

会員向け高機能チャート

銘柄管理ソフト

マーケットデータ

株式ランキング

投資教育

他社サービスとの違い

3つの信頼性について

お申込みの流れ

ご利用料金

運営会社紹介

有料会員サービスのお申し込み
株と為替の世界地図

reviewed by TRUSTe

わかる!株式用語

株初心者でもわかるように説明した、グッドイシューオリジナルの株式用語集です。

マーケットデータ

日本と海外の株式指標
今の株式市場がどうなっているのかチェックできます。

日本と米国の 経済指標
経済状況を分析するために必要な指標を確認できます。

世界の為替・金利・商品
身近なところから経済の動きを見てみましょう。

まだ間に合う
IPO申込可能銘柄一覧

これから株式公開を予定する企業の情報一覧です。

勉強コーナー(21の勉強コンテンツがあります)

日本では、小学校から大学まで16年間も『時間とお金』を使って『自己投資』をします。
この教育は『社会人になってから勉強するための基礎知識を得る』ためであり、本当の勉強は社会人になってから始めます。

それが株式投資の世界では、株式投資で勝つための知識を何も持たずに投資を始められてしまいます。つまり、未経験者が投資のプロと対等に戦うことになってしまいます。したがって、個人投資家の90%以上は1年半で投資資金を失って株式市場から去ってしまっているという結果になっています。
グッドイシューでは、株式投資をする前に『株式投資で勝つために知っておいた方が良いこと』『株式投資で負けないために知っておいた方が良いこと』をまず勉強し、それから実践に入った方が良いと言い続けています。

小学生が塾に行けば、1ケ月で大体1〜3万円くらいは掛かりますし、大学に行けば一般的な私立文系だと年間授業料だけでも100万円くらい掛かります。そのため、グッドイシューの会費の一部は『負けないための費用』と『株式投資で勝つための知識を得るための費用=レベルアップの費用』と財産構築のための投資手法の提供の2つであると考えています。

難しい投資からスタートするのではなく、まずは一番ハードルの低い「市場全体が大きく下がった時だけ投資」することから始め、その間に「投資のレベルアップのための勉強」を行い、レベルがアップしたら売買回数を増やす方法にチャレンジするというのがグッドイシューの投資ライフです。

★レポートで投資を学ぶ

1時限
全7回
年間投資計画の立て方

[new]第4回 年間トータルで勝つことを目指す

財産構築のための株式投資売買をするのに欠かせないことは、「年間トータルで勝つこと」を目指すことです。なぜなら、株式投資で100%の勝率は不可能だからです。

読む

2時限
全1回
どこにも載っていない証券会社選び

[new]どこにも載っていない証券会社選び

株式投資は「心の問題」が成果に大きな差を与えます。イラつかない、心地よい、分かり易い、面倒くさくないなど、心に与える影響が実は大きな 問題となります。今回チェックしたのはネット証券大手5社の..

読む

3時限
全7回
財産構築のための投資手法

[new]第4回 誰にでも出来る!リスクの少ない..3

利益をあげやすい銘柄の第一条件というのは「上昇率」が大きい銘柄かどうかということです。こちらを前提に「今後、大きく上昇が期待できる銘柄」を探すポイントをご説明しましょう。..

読む

4時限
全6回
初心者が覚えたほうが良い投資..

[new]第3回 買いたい銘柄探しの方程式

株式市場には3,000以上の銘柄があります。 つまり、より取り見取りなのですが、多すぎて何を選んで良いのかがわかりません。このときに何を考えて 銘柄を選べば良いかというのが、次の勝利の方程式です。

読む

5時限
全35回
株式投資で知っておいた方がいい..

[new]第3回 個人投資家の最大の武器

昔、私がまだ駆け出しの証券マンだった頃は、今のようなネット証券はありませんでしたので個人投資家が株式投資を行うには証券会社に口座を開くと 必ず担当の証券マンが付きました。そして証券会社は..

読む

6時限
全10回
グッディーの勝ち組投資術

[new]第2回 短期売買は危ないので、怖くて買..

1980年代後半のバブル相場の時、信用取引をしている投資家の90%以上が負けていたと言われています。 これには証券会社の対面販売による負け組急増 という面もありましたが、もう1つは次のような..

読む

7時限
全49回
グッドイシューの投資塾

[new]第3回『入門編 もっとも単純な疑問』

「株式投資はできるだけ安く買って高く売れば儲けられる」と、誰もが考えますが、それが実行できるかどうかは別問題です。不安や期待、周りの動きなどに左右されて、思い通りにはいかないものです。..

読む

8時限
全21回
勝者への道

[new]第3回 株式投資で勝つための時間の使..

『株式投資で勝つには、どれくらいの時間を使えばよいのか』は、多くの投資家にとって興味のあることだと思います。株式投資に使う時間には、 以下のようなものがあります。..

読む

9時限
全7回
6つの相場環境ごとの投資戦術

[new]第3回 上昇初期の相場(リスクは低..

上昇初期の相場とはどのような相場でしょうか。下降トレンドから株式市場が転換し「日経平均株価」や「TOPIX」が上昇トレンドになった初期段階のことを言います。上昇初期の..

読む

10時限
全21回
ギーニの快答

[new]第3回 株式市場で使われる用語1

NYダウ30種・S&P500種・NASDAQ・ラッセル2000、米国株式市場の株価指数として有名なものは上記の四つです。代表はNYダウ30種平均ですが、これは銘柄数が少ない事から実際にはS&P500種とNASDAQ指数、そしてラッセル2000株価指数が使われております。..

読む

11時限
全3回
会社四季報の見方

[new]第3回 知っておくと得する項目..

第3回目は(7)株主、(8)役員・連結会社、(9)財務、(10)資本異動・株価・格付、(11)株価チャート、(12)株価指標について解説いたします..

読む

12時限
全5回
割安株投資グッドイシュー塾

[new]第3回 日経平均の下落に個別..

もし、日経平均が下がり続けていたり、下げが止まっていたときに、ようやく個別銘柄の水準訂正が終わって、株式市場がいつ、上昇に転じてもおかしくない というくらいに「個別銘柄の多くが..

読む

13時限
全7回
みんなが知らない株式市場の..

[new]第3回 買いたい銘柄を探す時..

投資家は何かをきっかけにして「株を買おう」と思います。多くはテレビで株が上がっていると言ったり、友達に「株は儲かるよ」と言われたり、新聞や テレビで個別に銘柄が取り上げられたり、何となく良い株..

読む

14時限
全7回
本に書いてないチャート機能の..

[new]第3回 チャートの表示期間を自由に変更

チャートの機能には作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。ここではチャートの基本的な 機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能..

読む

15時限
全4回
なぜみんなチャートと騒ぐんだろう

[new]第3回 買い損なわないための工夫

安く買って、高く売ればよい(下がったときに買って、上がったら売ればよい)ということは誰でもわかります。 分っていてできない理由は二つです。 従って、この二つの理由をクリアすれば、買い損なう..

読む

16時限
全20回
チャートに強くなろう

[new]第3回 株価と出来高の関係

"ローソク足"を理解せずに、株価チャートを株式投資に活かすことはできません。全20回にわたって、チャートの基本的な見方から応用方法までを説明しています。 "ローソク足"からわかる「投資家の心理」を学びましょう。

読む

17時限
全22回
グッドイシュー式良いチャート・悪いチャート

[new]第2回 過去の安値・高値まで..

去に付けた安値と高値の間を行ったり来たりしながら長期的な往来相場を形成している銘柄は、企業自体に何らかの大きな変化(極端な業績不振や合併・併合など)が起こらない限り、将来的にもその安値..

読む

18時限
全9回
チャートから投資家心理を読む

[new]第2回 大きく下落した後に出た..

株はできるだけ安いところで買った方が、利益を大きく得られるので、株価が大きく下落したところで買うことが出来れば、株式投資で大きく勝てる確率が高くなります。そのためには、株価が大きく下落..

読む

★動画で投資を学ぶ

19時限
全11回
やさしいチャート活用塾

[new]第3回 出来高でわかる安全度の高い..

高値つかみをしないで、下げ止まりを探す出来高の見方とは?

見る

20時限
全5回
チャート分析入門セミナー

[new]第3回 待伏せ買いのチャート分析 応用編

今回のテーマは、前回紹介した「待ち伏せ買い」の理論を実践する際に有効な、テクニカル指標の紹介と見方を解説する応用編です。

見る

21時限
全1回
上昇相場の投資戦略(理論編)

[new]上昇相場の投資戦略

日経平均が横ばい相場を上に離れて、2000年以来となる2万円の大台を目指す傾向が強くなってきました。なぜ上昇相場が始まったと考えたのか?、 上昇相場ではどんな銘柄を探したらよいのかをセミ..

見る

22時限
連載中
上昇相場の投資戦略(実践編)

[new]上昇相場の回転売買投資

上昇相場の投資戦術がいよいよスタートします。始めは「初動銘柄」を狙った回転売買投資、その次に「先に上がった銘柄の押し目買い」に入ります。..

見る

23時限
連載中
上昇相場の投資戦略(実践編)

[new]会員からの質問

銘柄選び、買値の決定、売り時、失敗銘柄の処理など、動画で回答します..

見る

グッドイシューの投資一貫システム

グッドイシューは、買ってから売るまでの株式投資の一連の流れを『投資一貫システム』として、会員様の負けない投資をサポートしています。

工程1 ぴったりな買いタイミングが分ります

株式市場が大きく下がって来ると、日経平均のチャート上に「中期下落波動ライン」という、年間4回くらい起こる大きな調整が始まったことを表す青いラインが表示されます。このラインが出ますと株式市場が割安になってきたシグナルですから、会員の皆様は買いたい銘柄を決める準備を始めます。

工程2 大きく上がる確率の高い銘柄が探せます

グッドイシューの「割安銘柄探しソフト」を使って、今が買いタイミングに来ている銘柄を抽出します。イチからソフトを使って銘柄を探す方法が好きではない人向けに「次の相場で大きく上昇する確率が高い銘柄リスト = 大体60-80銘柄」を毎回提供しています。このリストは、大きな調整が起こるたびにスクリーニング方法を変えて、その時にあった銘柄のリストアップをしています。

工程3 買ってはいけない銘柄の除外方法が分ります

一番難しいのは、多くの銘柄から「有望銘柄を絞り込む」ことです。
豊富な投資知識、情報収集、テクニカル知識などを勉強しなければよい銘柄を選ぶことは出来ません。グッドイシューでは、投資知識がなくても銘柄の選別が出来るように「チェック12項目」という銘柄選びの手法を開発しました。
これは「専門家が行うチェックをソフトが行い、結果を数字で表す」ソフトです。たとえば、銘柄別に「過去の平均上昇率」を計算し、結果である平均上昇率だけを表示すれば、誰でも平均上昇率がい銘柄を選びます。専門的なことは裏側でソフトが計算して結果を数字で表示するので、誰でも使う事出来ます。

工程4 銘柄ごとのベストな買い値・売り値が分ります

同じように、目で見て分るソフトとして「抵抗ライン」、「押し目戻し目ライン」、「価格帯別出来高分布」など、買いたい銘柄が見つける武器があります。これらは全てチャートソフトの機能です。チャートを開いてクリックだけで、買いたい銘柄の上げどまり・下げどまりの目安がわかりますので、買値と売値を決める際に強い味方になります!

工程5 買うときの迷いを吹っ切る投資方法

相場が下がってきた時は、どこで買うかが悩みどころです。
買った後に下がったら嫌ですし、もっと下がったら買おうと思って待っていたら、買う前に上がってしまったというのも避けたいです。この永遠の悩みを解決する方法が、機関投資家が使っている「株式組入比率」を使った投資方法です。この株式組入比率を使った投資方法を、グッドイシューでは「割安ゾーン投資」と言いますが、この投資方法を取ったことで、買う決断がしやすくなったという声が沢山出ています。

工程6 最終決断に対する「背中押し」が受け取れます

投資一貫システムに沿って会員の皆様は売買を進めますが、時として欲望や恐怖心が邪魔をし、決めた通りに動けなくなってしまう事があります。そんな時、グッドイシューではレポートやメール、動画を使って「買いチャンスを逃さないための背中押し」「確実に売却して利益を実現させるための背中押し」を行う事で、会員の投資ライフをサポートします。

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。